自販機にもカロリー表示義務

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(化学物質)No.25(2014.12.10)を発表した。

注目記事

【EFSA】食品中のアレルゲン:最新の科学的助言

 アイルランド食品安全局(FSAI)からの要請に応じて、欧州食品安全機関(EFSA)は、食物アレルゲンに関する科学的助言を更新した。EFSAの科学的意見では、EU指令に基づき表示が必要な食物アレルゲンについて詳細に調査した。各アレルゲンの特徴に加えて、食物アレルギーの有病率(疫学)、症状、診断、交差反応性、食物アレルゲンの検出法、アレルギー誘発性への食品加工の影響、食物アレルゲンのリスク評価の検討などもまとめている。食物アレルゲンのリスク評価のアプローチとして提案されたのは、無毒性用量(NOAEL)と不確実係数を用いる伝統的なリスク評価、ベンチマーク用量(BMD)と暴露マージン(MoE)による評価、確率論的モデルによる評価である。

※ポイント:食物アレルゲンに関する概要とEUで表示が必要な食物アレルゲンの詳細がまとめられているので参考になります。また、添付資料には各食物アレルゲンについて閾値に関する報告がまとめられています。

【FDA】FDAはメニューと自動販売機のカロリー表示規則を最終決定

 FDAは、消費者に外で食べる食品について栄養に関するより多くの情報を提供するために、チェーンレストランや類似の小売食品販売施設のメニューやメニューボードへのカロリー表示や栄養表示に関する規則と自動販売機でのカロリー表示に関する規則の2つを最終決定した。

※ポイント:カロリー表示や栄養表示を、レストランやテイクアウトの食事、自動販売機で販売される製品にも義務づけようという規則です。興味深いのは、すべての事業者に義務づけるのではなく、レストラン等は20店舗以上を展開している事業者、自動販売機は20機以上設置している事業者を対象にしていることでしょう。

【HSE】残留農薬モニタリング:2014年第2四半期

 英国の残留農薬モニタリング第2四半期では30食品984検体を調査し、最大残留基準値(MRL)超過は26検体だった。調査結果は品目ごとにまとめ、スクリーニングリスク評価と詳細リスク評価を行った。

※ポイント:英国の残留農薬モニタリングの報告書は、品目別報告書、四半期毎報告書と年間報告書の3種類が公表されます。今回公表されたのは、2014年四半期の第2報告書です。注目していただきたいのは、MRL超過の残留については、その食品を食べた場合の農薬の短期摂取量を年齢群別に推定して、急性参照用量(ARfD)と、さらにはARfDの根拠となった無毒性用量(NOAEL)と比較したリスク評価結果も一緒に記載されていることです。リスク評価では、実際に食べる時の状況も考慮しています。たとえば、MRLは皮を剝かない状態について設定されているので、皮を剝いてから食べる食品については残留濃度がMRLを超過したとしても皮を剝くだけで実際の摂取量は大幅に減少します。

(安全情報部第三室)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html

食品安全情報(化学物質)No.25(2014.12.10)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2014/foodinfo201425c.pdf

今号の目次

【EC】
1. 食品獣医局(FVO)査察報告書:スロバキア、南アフリカ、ニカラグア、メキシコ
2. 食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)

【EFSA】
1. 食品中のアレルゲン:最新の科学的助言
2. 統計報告に関するガイダンス
3. 食品と飼料中のクロラムフェニコールに関する科学的意見
4. 食品と接触する物質関連

【FSA】
1. 北アイルランド第7回食品サーベイランスサンプリング報告書発表
2. オリゴノール®についての意見を2014年12月19日まで募集
3. 英国複数年次全国コントロール計画の2013年年次報告書発表

【HSE】
1. PRiF:最新モニタリング結果
2. PRiF:残留農薬モニタリング 2014年第2四半期

【COT】
1. 2014年12月9日の会合

【NHS】
1. Behind the headlines

【BfR】
1. 日常生活のアルミニウム:健康リスクか?

【RIVM】
1. 金属スクラップの放射能:リスク分類と安全対策
2. 一般的ファクトシート:消費者暴露を推定するための一般的デフォルトパラメーター-2014年更新版
3. 肥料過剰による飲料水抽出への影響
4. ウランの水質基準:水枠組み指令による新しい基準の提案

【ANSES】
1. ANSES科学会議:ヒトの健康への化学汚染物質の影響に取り組む1日のイベント

【FSAI】
1. Dunnes Storesは洗浄液が残留していたためボトル入り水の特定バッチをリコール

【FDA】
1. FDAはメニューと自動販売機のカロリー表示規則を最終決定
2. 消費者向け情報:何カロリー?メニューを見よう
3. 警告文書
4. 公示:Slim-Vieには表示されていない医薬品成分が含まれる
5. 全国食品安全教育会議のいくつかのセッションのライブウェブキャスト

【NTP】
1. 次回NTP専門委員会会議

【PMRA】
1. ネオニコチノイドとミツバチの健康について更新

【FSANZ】
1. 「正しい宣伝を」:オーストラリア・ニュージーランド食品基準の栄養健康関連強調表示基準を守るためのガイド
2. 栄養情報パネルの簡素化について意見募集
3. 食品基準通知

【TGA】
1. 安全性助言

【香港政府ニュース】
1. 野菜から農薬検出
2. 貿易業者に安定なミルクの供給を強く求める
3. 9食品が安全性検査に不合格
4. 中国ハーブの錠剤リコール
5. 豆腐干に警告

【MFDS】
1. 日本産輸入食品の放射能検査の結果
2. 高齢者に対する虚偽•誇大広告「トッタバン」合同取り締まりの結果
3. 肥満治療薬類似物質の検出で食品の回収措置
4. 沿道街路樹の果実、重金属汚染調査の結果

【HSA】
1. HSAは表示されていない強力な化学成分が含まれる4つの違法性機能増強製品を摂取しないよう警告

【その他】
・食品安全関係情報(食品安全委員会)から