トマト増も高値で荷動き鈍く

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2020年11月第2週(11月6日〜11月12日)の概況より。

日ごとの動き

開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。

1日平均入荷量は総量5,807t(前週比99%、前年同期比108%)。

前週比ではだいこん、トマト、かぶ等が増加したが、かぼちゃ、なす、レタス等が減少したため、1%の微減となった。

前年同期比では、ごぼう、かぼちゃ、さといも等が減少したが、ほうれんそう、ブロッコリー、こまつな等が増加したため、8%の増加となった。

市況は前週比、前年同期比ともに弱保合となった。

品目別の動き

だいこん 千葉県を中心に青森県から入荷した。千葉県、神奈川県産が生育順調で潤沢な出回りで、前週比21%の増加となった。千葉県産の価格は保合となった。

にんじん 千葉県、北海道から入荷したが、北海道産が切り上がりに向け減少し、前週比11%の減少となった。千葉県産の価格は弱保合となった。

キャベツ 千葉県を中心に茨城県等から入荷し、千葉県、茨城県、愛知県産が生育順調のため、前週比1%の微増となった。全体量が多く荷動きが鈍いため、千葉県産の価格は弱保合となった。

レタス 茨城県を中心に兵庫県等から入荷したが、茨城県産がピークを過ぎて減少し、前週比12%の減少となった。茨城県産の価格は強保合となった。

はくさい 茨城県を中心に長野県等から入荷したが、前週比1%の微減となった。鍋需要はあるものの全体量が多く相場は下落し、茨城県産の価格は弱保合となった。

ほうれんそう 群馬県を中心に茨城県等から入荷し、前週比6%の増加となった。群馬県産の価格は弱保合となった。

ねぎ 秋田県、青森県等から入荷したが、東北産が減少し、前週比5%の減少となった。秋田県産の価格は弱含みとなった。

きゅうり 埼玉県を中心に群馬県等から入荷したが、前週比7%の減少となった。全体量は多くないが、荷動きが鈍く、埼玉県産の価格は弱保合となった。

なす 高知県を中心に栃木県等から入荷したが、高知県、福岡県産が気温低下により減少し、前週比20%の減少となった。高知県産の価格は保合となった。

トマト 熊本県を中心に千葉県等から入荷し、熊本県産が増量で前週比10%の増加となった。高値で荷動きが鈍くなっており、相場はやや下落し、熊本県産の価格は弱含みとなった。

ピーマン 茨城県を中心に宮崎県等から入荷したが、前週比4%の減少となった。茨城県産の価格は保合となった。

主な農産物(野菜)の市況(2020年11月第2週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん604121126せり千葉10972
相対千葉10972
かぶ60110112せり千葉0.8-
相対千葉0.8162
にんじん32189118せり千葉10-
相対千葉101,598
ごぼう3310062せり青森4-
相対青森41,224
れんこん49100117せり茨城4-
相対茨城41,296
キャベツ759101117せり千葉10-
相対千葉10691
レタス27388114せり茨城10-
相対茨城101,015
はくさい74599112せり茨城15-
相対茨城15410
こまつな62102134せり茨城0.2-
相対茨城0.243
ほうれんそう71106165せり群馬0.2108
相対群馬0.2108
ねぎ2389598せり秋田51,944
相対秋田51,944
しゅんぎく14107128せり千葉0.15-
相対千葉0.1572
ブロッコリー14892134せり埼玉4-
相対埼玉41,123
きゅうり23093100せり埼玉5-
相対埼玉51,706
かぼちゃ1117666せり北海道10-
相対北海道101,296
なす11480121せり高知5-
相対高知52,241
トマト210110119せり熊本4-
相対熊本42,743
ミニトマト7110294せり熊本3-
相対熊本32,722
ピーマン859695せり茨城0.15-
相対茨城0.1565
じゃがいも32810095せり北海道10-
相対北海道10-
さつまいも11297106せり千葉5-
相対千葉51,447
さといも509191せり埼玉10-
相対埼玉102,614
たまねぎ39894101せり北海道20-
相対北海道20-
なましいたけ3794103せり栃木0.1-
相対栃木0.1106
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/