はくさい大幅増。ねぎ出荷遅れ

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2020年9月第2週(9月11日〜9月17日)の概況より。

日ごとの動き

開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。

1日平均入荷量は総量5,750t(前週比97%、前年同期比101%)。

前週比ではまつたけ、はくさい、さといも等が増加したが、えだまめ、とうもろこし、なす等が減少したため、3%の減少となった。

前年同期比では、えだまめ、ほうれんそう、だいこん等が減少したが、レタス、とうもろこし、ミニトマト等が増加したため、1%の微増となった。

市況は前週比で区々、前年同期比で強保合となった。

品目別の動き

だいこん 北海道を中心に青森県等から入荷し、前週比は増減なしとなった。北海道産の価格は弱含みとなった。

にんじん 北海道を中心に潤沢に入荷し、前週比9%の増加となった。北海道産の価格は保合となった。

キャベツ 群馬県を中心に岩手県等から入荷し、前週比2%の増加となった。群馬県産の価格は弱保合となった。

レタス 長野県を中心に入荷し、前週比11%の増加となった。長野県産の価格は弱保合となった。

はくさい 長野県を中心に入荷し、前週比14%の大幅な増加となった。長野県産の価格は弱保合となった。

ほうれんそう 群馬県を中心に岩手県等から入荷した。群馬県産、岐阜県産等で先月に播種した分の出荷量が少なく、前週比16%の減少となった。需要は低いが全体量が少ないため不足感があり、群馬県産の価格は強保合となった。

ねぎ 青森県、北海道等から入荷したが、降雨による出荷作業の遅れで前週比7%の減少となった。青森県産の価格は強保合となった。

きゅうり 福島県を中心に宮城県等から入荷したが、東北産が終盤に向かい減少傾向で前週比9%の減少となった。引合いが強まり、相場は上昇し福島県産の価格は強保合となった。

なす 栃木県を中心に茨城県等から入荷したが、栃木県産、群馬県産が気温の低下や成り疲れのため減少し、前週比18%の減少となった。連休を控えての引合いがあり、栃木県産の価格は強保合となった。

トマト 北海道を中心に青森県等から入荷し、前週比6%の減少となった。北海道産の価格は保合となった。

ピーマン 岩手県を中心に茨城県等から入荷し、前週比3%の減少となった。岩手県産の価格は弱保合となった。

主な農産物(野菜)の市況(2020年9月第2週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん42210079せり北海道101,210
相対北海道101,231
にんじん349109106せり北海道10-
相対北海道101,620
キャベツ73410299せり群馬10-
相対群馬101,102
レタス423111135せり長野10-
相対長野10670
はくさい420114100せり長野15-
相対長野151,318
こまつな6193104せり茨城0.2-
相対茨城0.276
ほうれんそう278475せり群馬0.2233
相対群馬0.2221
ねぎ1779392せり青森51,836
相対青森51,836
きゅうり35091102せり福島5-
相対福島52,052
かぼちゃ1409686せり北海道101,620
相対北海道101,555
なす17582127せり栃木5-
相対栃木51,555
トマト39294104せり北海道4-
相対北海道41,620
ミニトマト10495128せり北海道3-
相対北海道31,771
ピーマン12797114せり岩手0.15-
相対岩手0.1565
とうもろこし6068130せり北海道5-
相対北海道51,350
えだまめ396367せり秋田0.25-
相対秋田0.25194
じゃがいも31788103せり北海道10-
相対北海道10-
さつまいも123109114せり千葉5-
相対千葉51,166
さといも29112108せり千葉4-
相対千葉41,188
たまねぎ4118999せり北海道20-
相対北海道20-
なましいたけ22103106せり岩手0.1-
相対岩手0.199
まつたけ315888せり国内0.4-
相対国内0.4-
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/