かぶ、ごぼう、かぼちゃなど増

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2019年11月第1週(11月1日〜11月7日)の概況より。

日ごとの動き

 開市日数は、今週5日、前週5日、前年4日。

 1日平均入荷量は総量5,666t(前週比98%、前年同期比89%)。

 前週比ではかぶ、ごぼう、かぼちゃ等が増加したが、たまねぎ、はくさい、トマト等が減少したため、前週比2%の減少となった。

 前年同期比では、かぼちゃ、じゃがいも、にんじん等が増加したが、ほうれんそう、しゅんぎく、こまつな等が減少したため、11%の減少となった。

 市況は、前週比、前年同期比共に区々となった。

品目別の動き

だいこん 千葉県を中心に青森県等から入荷したが、北海道産、東北産が終盤のため前年同期比24%の減少となった。千葉県産の価格は前年同期比で強保合となった。

にんじん 千葉県、北海道等から入荷し、前年同期比5%の増加となった。千葉県産の価格は前年同期比で弱保合となった。

キャベツ 千葉県を中心に茨城県等から入荷したが、長野県産が終盤のため前年同期比8%の減少となった。千葉県産の価格は前年同期比で弱保合となった。

レタス 茨城県を中心に長崎県等から入荷したが、前週比3%の減少となった。数量が少ないため相場は上昇し茨城県産の価格は強保合となった。

はくさい 茨城県、長野県等から入荷したが、長野県産が終盤となったため前年同期比12%の減少となった。茨城県産の価格は前年同期比で弱保合となった。

ほうれんそう 群馬県を中心に茨城県等から入荷したが、前週比9%の減少となった。茨城県産が先月末の大雨と気温低下で少ないため相場は上昇し群馬県産の価格は強保合となった。

ねぎ 青森県を中心に山形県等から入荷したが、前週比3%の減少となった。青森県産の価格は弱含みとなった。

きゅうり 埼玉県を中心に群馬県等から入荷したが、気温が低いため関東県産の入荷量が多くなく前週比2%の減少となった。埼玉県産の価格は強含みとなった。

なす 高知県を中心に栃木県等から入荷したが、低温のため入荷量は少なく前週比16%の減少となった。数量が少ないため相場は上昇し高知県産の価格は強保合となった。

トマト 熊本県を中心に愛知県等から入荷したが、北海道産、青森県産が最終盤により減少したため前年同期比17%の減少となった。熊本県産の価格は前年同期比で弱保合となった。

ピーマン 茨城県を中心に宮崎県等から入荷し、宮崎県産、高知県産が出荷順調により前週比3%の増加となった。茨城県産の価格は保合となった。

主な農産物(野菜)の市況(2019年11月第1週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん47610276せり千葉10-
相対千葉10994
かぶ5013172せり千葉0.8-
相対千葉0.8145
にんじん378102105せり千葉10-
相対千葉101,296
ごぼう48123103せり青森4-
相対青森4486
れんこん42-95せり茨城4-
相対茨城41,490
キャベツ75911192せり千葉10-
相対千葉10756
レタス2629789せり茨城10-
相対茨城102,095
はくさい6438088せり茨城15-
相対茨城15605
こまつな4610769せり茨城0.2-
相対茨城0.2104
ほうれんそう449151せり群馬0.2-
相対群馬0.2145
ねぎ2359794せり青森5-
相対青森51,490
しゅんぎく10-62せり千葉0.15-
相対千葉0.15104
ブロッコリー102-73せり埼玉4-
相対埼玉41,620
きゅうり2119876せり埼玉5-
相対埼玉52,311
かぼちゃ154118124せり北海道10-
相対北海道101,426
なす1098474せり高知5-
相対高知52,268
トマト1998383せり熊本4-
相対熊本41,922
ミニトマト7591103せり熊本3-
相対熊本32,506
ピーマン9410393せり茨城0.15-
相対茨城0.1565
じゃがいも369111110せり北海道10-
相対北海道10-
さつまいも11110277せり千葉5-
相対千葉51,339
さといも5310995せり埼玉10-
相対埼玉103,175
たまねぎ3606775せり北海道20-
相対北海道20-
なましいたけ39100100せり秋田0.1-
相対秋田0.1134
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/