いも類が増加。トマト大幅減

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2019年8月第4週(8月23日〜8月29日)の概況より。

日ごとの動き

 開市日数は、今週5日、前週4日、前年5日。

 1日平均入荷量は総量5,621t(前週比87%、前年同期比100%)。

 前週比ではさといも、さつまいも、じゃがいも等が増加したが、レイシ、トマト、オクラ等が減少したため、前週比13%の減少となった。

 前年同期比では、いんげん、レイシ、ほうれんそう等が減少したが、とうもろこし、ミニトマト、じゃがいも等が増加したため、増減なしとなった。

 市況は前週比、前年同期比共に区々となった。

品目別の動き

だいこん 北海道、青森県等から入荷したが、前週比9%の減少となった。消費者への売れ行きは鈍く北海道産の価格は弱保合となった。

にんじん 北海道を中心に入荷し、前週比20%の増加となった。北海道産の価格は強保合となった。

キャベツ 群馬県を中心に岩手県等から入荷したが、前週比17%の減少となった。出荷量の増量に伴って群馬県産の価格は弱保合となった。

レタス 長野県を中心に群馬県等から入荷したが、前週比18%の減少となった。長野県産の価格は弱保合となった。

はくさい 長野県を中心に入荷し、前週比2%の増加となった。長野県産の価格は強保合となった。

ほうれんそう 群馬県を中心に岐阜県等から入荷したが、各産地とも生育不良のため前週比3%の減少となった。群馬県産の価格は保合となった。

ねぎ 茨城県を中心に青森県等から入荷したが、前週比5%の減少となった。茨城県産の価格は弱保合となった。

きゅうり 福島県を中心に岩手県等から入荷したが、東北産が成り疲れや正品率の低下で減少したため前週比35%の大幅な減少となった。引き合いは強くないが数量が少ないため相場は上昇し福島県産の価格は強保合となった。

なす 群馬県、栃木県等から入荷したが、群馬県産、栃木県産が成り疲れや正品率の低下で減少したため前週比31%の大幅な減少となった。引き合いは強く群馬県産の価格は強保合となった。

トマト 北海道を中心に青森県等から入荷したが、北海道産、青森産が着果不良等のため前週比39%の大幅な減少となった。相場は上昇し北海道産の価格は強保合となった。

ピーマン 岩手県を中心に福島県等から入荷したが、前週比8%の減少となった。茨城県産の価格は保合となった。

主な農産物(野菜)の市況(2019年8月第4週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん39691103せり北海道10-
相対北海道101,080
にんじん33712098せり北海道10-
相対北海道10999
キャベツ7018388せり群馬10-
相対群馬101,080
レタス35482101せり長野10-
相対長野101,296
はくさい322102101せり長野151,296
相対長野151,426
こまつな478895せり茨城0.2-
相対茨城0.267
ほうれんそう249777せり群馬0.2-
相対群馬0.2198
ねぎ1959597せり茨城5-
相対茨城5907
きゅうり3226587せり福島5-
相対福島51,836
かぼちゃ14299124せり北海道10-
相対北海道101,469
なす2006999せり群馬0.4-
相対群馬0.4142
トマト36361112せり北海道4-
相対北海道41,318
ミニトマト10375140せり北海道3-
相対北海道31,469
ピーマン10192102せり岩手0.15-
相対岩手0.1565
とうもろこし12866153せり北海道5-
相対北海道51,058
オクラ156489せり鹿児島0.07-
相対鹿児島0.07-
レイシ154774せり茨城5-
相対茨城51,339
いんげん57741せり福島2-
相対福島23,175
えだまめ647695せり秋田0.25-
相対秋田0.25168
じゃがいも403131128せり北海道10-
相対北海道10-
さつまいも9913389せり千葉5-
相対千葉51,447
さといも2015377せり千葉4-
相対千葉41,555
たまねぎ44710291せり北海道20-
相対北海道20-
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/