2020年 新年のごあいさつ

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

2020年がよい年になりますように。

 今年は7月から9月にかけて2020年東京オリンピック、2020年東京パラリンピックが開催され、さらに多くの旅行者が海外から訪れることが予想されています。

 そして今年は、一部の外食産業の研究者の間で「外食元年」とも呼ばれている1970年から半世紀の節目ともなります。その年、わかりやすい現象としては先の日本万国博覧会(大阪万博)が開催されて海外の料理や食ビジネスが紹介され、「ケンタッキーフライドチキン」などのファストフードビジネスが海外から上陸、国内でも米国式の経営方式を志向したレストラン「スカイラーク」(後に「すかいらーく」)1号店がオープンしました。

 しかし、それ以前に、日本は1967年から1973年に向けて5段階で外資の自由化を進めていて、1970年はその第3段階の年でした。つまり、ビジネスが国際化していく新時代の到来を、誰にもよく見える形で告げたのが、当時の外食産業だったわけです。

 また、やや余談めくことですが、さらに50年さかのぼって100年前の1920年の日本に当たると、それは国際連盟加盟の年でした。以降の誤った躍進と挫折の繰り返しを経ての100年後である2020年は、国際社会のなかでの日本を考える年としてもふさわしいでしょう。

 さて、この十数年世界的に日本の食品、料理、食文化が注目され、2013年には「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録され、さらに日本の食の人気は世界的に高まり、この熱は依然続いています。これが日本の食産業にとって大きなチャンスであることはもちろんですが、世界の企業とビジネスパーソンがライバルとして台頭していることもさらに意識していかなければならないでしょう。

 もはや、「日本産だから」「日本人が作ったから」ということで自動的に評価される段階は遠く過ぎ、「品質」も「日本らしさ」も、世界の人々と競う段階に入っています。

 景気、経済、外交の面では決して楽観できない情勢ですが、よい形で世界のなかの日本を見ながら、世界の人々と、新しい食ビジネス、新しい食生活、新しい食文化を作っていくスタートの年になることを願います。

FoodWatchJapan編集長 齋藤訓之

FoodWatchJapanでは、今年もWebサイトとSNSを通じて、食に関する多様な情報をお伝えしてまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

About 齋藤訓之 307 Articles
Food Watch Japan編集長 さいとう・さとし 1988年中央大学卒業。柴田書店「月刊食堂」編集者、日経BP社「日経レストラン」記者、農業技術通信社取締役「農業経営者」副編集長兼出版部長等を経て独立。2010年10月株式会社香雪社を設立。公益財団法人流通経済研究所客員研究員。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。日本フードサービス学会会員。戸板女子短期大学食物栄養科非常勤講師。東京栄養食糧専門学校非常勤講師。亜細亜大学経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科非常勤講師。著書に「有機野菜はウソをつく」(SBクリエイティブ)、「食品業界のしくみ」「外食業界のしくみ」(ともにナツメ社)、「農業成功マニュアル―『農家になる!』夢を現実に」(翔泳社)、共著・監修に「創発する営業」(上原征彦編著ほか、丸善出版)、「創発するマーケティング」(井関利明・上原征彦著ほか、日経BPコンサルティング)、「農業をはじめたい人の本―作物別にわかる就農完全ガイド」(監修、成美堂出版)など。※amazon著者ページ →