健康バラエティ番組が成立しにくくなった理由

前回は一般の健康バラエティ番組で「便秘」を取り上げたお話を書きました。便秘といえば本当に多くの女性が悩むテーマなので、視聴率もいい数字が出ると一同期待しておりましたが、それがダメだったというお話をします。実は、この背景には健康食品の普及があったのです。

「ウ●コも出ないけど、数字も出なかったんですねぇ」

 さて、「イルカ・イメージでツルンとスッキリ」で笑いも取れたと思った「芸能人の病気/便秘のお悩み」番組、なにしろ女性の多くが抱えるお悩みにターゲットを絞った渾身の力作ですから、「高視聴率間違いなし!」と、我々は思っていたのです。

 が、まさかの低視聴率! それも目をおおいたくなるような! 便秘解消スペシャルは惨敗の結果となったのです!

 なぜだ!? と思ったんですが、冷静になってよーく考えてみると、これ、ゴールデン・タイムの番組だったんです。なので、「ゴハン食べる時間に便秘の話なんて見たくないわよ!」ってまぁ、そうなるかーと。

 ま、私がこう言うのもなんですが、男の人中心で作っているテレビ番組ってこんなもんです(笑)。日ごろ、「女性目線で」「主婦目線で」ということを誰もが口酸っぱく言いながら、それを完全に忘れて番組を作ってしまったわけなんですね。

 さて、そんなボロカスに負けた番組ですが、制作過程では健康食品通販に携わる方の参考になるお話もゲットしておりますです。便秘解消につながる食品について、一般の方々にアンケート調査をしまして、みなさんが「効いた!」と挙げるリアルなものをリストアップしたんです。ところがどっこい、これも制作スタッフが頭を抱える結果だったのでして、そのことについてお話しましょう。

「アンケートでいちばん効くとされたのがアレでして」

 便秘に効く食品は何か? アンケートの結果では、今や広く知られているものがいろいろ出てきました。いわゆる「腸内環境をよくする食材」というものです。で、それらを総合するとやっぱり「食物繊維が多いものを食べる」「乳酸菌を摂る」ことがいいんだなという結論になっていくわけです。

「じゃあ、これを食べたらいいよ」という例を出そうということになったわけです。それで、「食物繊維も摂れて乳酸菌も摂れるから、キムチがいいよ」っていうことでどうだ! なんてアイデアも出たんですが、まぁ面白くもないし目新しくもないですね(笑)。

 実は、そんな平凡なアイデアへ向かっていったのにはわけがあるのです。というのが、アンケート調査の結果では、「これがいちばん効いた」という明らかなナンバーワンが浮かび上がっていたのですが、我々はそれを放送で紹介するわけにはいかないなと考えたのでした。なぜか?

 なんと、あのとき我々がリサーチした結果で「ホントーはこれがいちばん効きます」と浮上してきたものは、青汁、だったのです。

 コレは制作側として困りました! だって、「便秘を解消できる身近な食、□□人アンケートで『一番効いた』という声が多かったナンバー・ワンとは~?」→「それは青汁です!」→(アレ?)って、ドッチラケるじゃないですか。まるで、公共の電波を使って、広告ではないツージョーの番組で、青汁業界のヨイショしているように見えちゃいます。

森畑たけし
About 森畑たけし 65 Articles
通販番組制作担当者 もりはた・たけし 1975年生まれ。通常のテレビ番組と通販番組を手がけて12年。ひと昔前、一段下に見られていた感のある通販番組とその市場の成長に驚くばかり。同時に「やっててよかった~」とありがたい食い扶持があることにホッ……。しかし、膨大なグルメ情報、健康情報、お得情報などを発信し続けていながら、本人は全く活用できていない。自分が通販アイテムを買って続けるなら髪関係だろうかと、毛根と〆切が気になる人。