トピックス

「有機野菜はウソをつく」発売

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

本日、「有機野菜はウソをつく」(SB新書)が発売となりました。なぜこのような本を書いたのか、少し事情をお話ししておきたいと思います。

有機・非有機両サイドからの指弾

「有機野菜はウソをつく」(SBクリエイティブ)

 私はかねて、有機農業というのものが大衆化することに対する疑問を抱いており、一方で有機農業という考え方自体には生産や社会に役立つ何かはあるはずとも考え、それに関することを「FoodScience」(日経BP社)で行っていた連載「食の損得感情」にも書いてきました。

 ただ、こうした考え方は、有機農業に携わる方面からは“修正主義”と見られ、一方自然科学に携わる方面からは“非科学的”と見られ、結局のところ両サイドから指弾されるというのが、当時の状況でした。

 いずれこれはまとめ直して私なりの決着をつけておかなければと思いながらなかなかその機会を作れずにいたところ、昨年、恩のある編集者から「『有機信仰は間違っている』といった内容の本を書かないか」と声をかけていただき、「完全否定する話にはなりませんが」というところをわかっていただき、今日この本をみなさんにご紹介できることになったという次第です。

 タイトルは別案もありましたが、版元サイドで考えていただいたものが親しい者の間でも評判がよく、これを採用しました。

有機から離れる需用者たち

 さて、私個人としては、「食の損得感情」から5年も経っており、ずいぶん時間がかかったとも思っているのですが、半面、タイミングはよかったとも考えています。

 というのは、およそこの2年ほどの間と思いますが、農家、そして流通・小売・外食のバイヤー、料理人、実務で活躍しているフードコーディネーターや野菜ソムリエで、「有機であることにはこだわらない」と言う人が増えたと感じています。彼らはそのことを誠実に顧客に伝えています。それもしかたなく伝えるのではなく、むしろ自分たちが選んだものの価値を説明する枕として、積極的に伝えているのです。

 このタイプの人たちは、栽培や土壌のことについてよく勉強されていて、農家以上に詳しいだろうという人たちもいます。実のところ、彼らは勉強して栽培や土壌の本当の有様を知った末に、有機認証を取ることは自分たちの商業上無意味であるということに、自然と気付いたのです。時代は変わった、いや進んでいると感じます。

 それで、市場にこうした人たちが先駆的にいるとすれば、国際土壌年でもある今年、栽培や土壌について、一般向けにはちょっと詳しすぎるかというぐらいの説明をしても読んでいただけるに違いないと考えました。その話をした上でなら、有機栽培の歴史――その萌芽、展開、変容、さらに隘路にはまった現在の状況を紹介しやすくなります。そして、そこまで知っていただいた上で、その是非を読んだ方自身に考えていただきたいというのが、本書の趣旨です。

 蛇足ながら、実はもう一つ“裏テーマ”があります。今日今のところ専門知識とされている農業に関する知識を、私は“国民の知識”“国民の関心事”にしていきたいのです。これにはFood Watch Japanとしても香雪社としても、今年さらに取り組んでいきますが、それに先立つ形で、今回14万字を超えるものとなったこの本を新書という形で、760円(税別)という廉価でご案内できたことはたいへんありがたく、版元SBクリエイティブの判断に感謝している次第です。

「有機野菜はウソをつく」販売サイト →

執筆者

齋藤訓之
齋藤訓之
Food Watch Japan編集長 さいとう・さとし 1988年中央大学卒業。柴田書店「月刊食堂」編集者、日経BP社「日経レストラン」記者、農業技術通信社取締役「農業経営者」副編集長兼出版部長等を経て独立。2010年10月株式会社香雪社を設立。「FoodScience」(日経BP社)では「食の損得感情」を連載。公益財団法人流通経済研究所客員研究員。亜細亜大学経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科非常勤講師。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。日本フードサービス学会会員。著書に「有機野菜はウソをつく」(SBクリエイティブ)、「食品業界のしくみ」「外食業界のしくみ」(ともにナツメ社)、「農業成功マニュアル―『農家になる!』夢を現実に」(翔泳社)、共著・監修に「創発する営業」(上原征彦編著ほか、丸善出版)、「創発するマーケティング」(井関利明・上原征彦著ほか、日経BPコンサルティング)、「農業をはじめたい人の本―作物別にわかる就農完全ガイド」(監修、成美堂出版)など。※amazon著者ページ → ※齋藤訓之のブログ →