トピックス

「二ツ星の料理人」魔法と侍

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

現在公開中の「二ツ星の料理人」は、ブラッドリー・クーパーが、スコットランド出身のシェフ、ゴードン・ラムゼイをモデルにしたシェフを演じるドラマである。

ブラッドリー・クーパーは、コメディ映画「ハングオーバー」シリーズ(2009〜2013)等でスターとなり、「世界にひとつのプレイブック」(2012年)、「アメリカン・ハッスル」(2013年)、「アメリカン・スナイパー」(2014年)で3年連続アカデミー賞にノミネートされた。

 ゴードン・ラムゼイは、ミシュランで三ツ星を獲得した「Gordon Ramsay」をはじめ、ロンドンにある3つのレストランで合計7つの星を持ち、かつてはコンラッド東京にも出店していたスターシェフである。リフォームをテーマにした人気番組「劇的ビフォーアフター」のレストラン版のような「ゴードン・ラムゼイ 悪夢のキッチン」(2004〜2007)、無名の若手シェフにお題を与え、叱咤罵倒しながら料理を競わせる「ヘルズ・キッチン〜地獄の厨房」(2005〜)、「マスターシェフ 〜天才料理人バトル!」(2010〜)といったテレビ番組にも出演し、気性の激しい毒舌のキャラクターとして知られる。本作では、クーパーに料理指導する等の協力をしている。

“ダース・ベーダー”のオヒョウのグリル

 主人公のアダム・ジョーンズ(クーパー)は、パリの師匠ジャンのもとで修業し、ミシュラン二ツ星レストランのシェフとなったが、私生活で酒にクスリ、女、借金等の数々の問題を起こした末にすべてを失った過去を持つ。映画はその3年後、アメリカのルイジアナ州で彼が一から人生をやり直すために牡蠣の殻むき作業を自らに課すシーンから始まる。

 余談となるが、先日公開された想田和弘監督のドキュメンタリー「牡蠣工場」でも描かれた牡蠣の殻むきを担う「むき子」の作業は重労働で、日本の養殖産地では人手不足のためその多くを外国人労働者に依存している。これを省力化するための超高圧処理による自動殻むき機が開発されたというニュースは最近のトピックである。(※1

 100万個の殻むきを達成したアダムはロンドンに向かう。そこにはかつてのパリの店のオーナーの息子で給仕長だったトニー(ダニエル・ブリュール)がいた。現在は父が所有する「リトル・トニー・ホテル」のレストランを任されている彼に、アダムは「俺は復活した、三ツ星を狙う」と宣言しシェフとして雇うよう迫る。散々迷惑をかけて店を潰しておきながら悪びれもしないアダムをトニーが追い出したのは言うまでもない。

 金に困ったアダムは才能はあるが気の弱さが祟って芽を出せずにいる若き料理人デヴィッド(サム・キーリー)を頼る。この2人の出会いについて詳しくは触れられていないが、「ヘルズ・キッチン」のようなシェフ養成番組で知り合ったことは容易に想像できる。居候を決め込んだアダムに、デヴィッドと同棲中の恋人サラ(リリー・ジェームズ)はおかんむりだが、ミシュランの星付きシェフを「スター・ウォーズ」シリーズ(1977〜)のジェダイに例えた二人の会話が面白い。

デヴィッド「1つでもルーク・スカイウォーカー、2つならアレック・ギネス(オビ・ワン・ケノービを演じた俳優)、3つならヨーダだ」

サラ「まさか、ダース・ベイダーじゃないよね?」

 容赦ない批評で店を潰すことで有名な料理評論家のシモーネ(ユマ・サーマン)を、過去に関係があったことを利用してトニーのレストランに抜き打ちで来店させ、困ったところに現れて頼まざるを得ない状況に追い込むアダムのやり方は、「まさか」の後者なのではないかと思わせるに十分である。しかしその魔法のような包丁さばきから繰り出される料理はトニーをして「彼は石でも料理にできる」と言わしめるものだった。そのうちの一品「オヒョウのグリル 卵のコンフィとコッパと共に」のレシピは以下のようなものである。

執筆者

rightwide
rightwide
映画ウォッチャー 埼玉県出身。子供のころからSF映画が好きで、高校時代にキューブリックの「2001年宇宙の旅」を観たところ、モノリスに遭遇したサルの如く芸術映画に目覚め、国・ジャンルを問わない“雑食系映画ファン”となる。20~30代の一般に“青春”と呼ばれる貴重な時をTV・映画撮影現場の小道具係として捧げるが、「映画は見ているうちが天国、作るのは地獄」という現実を嫌というほど思い知らされ、食関連分野の月刊誌の編集者に転向。現在は各種出版物やITメディアを制作する会社で働きながら年間鑑賞本数1,000本以上という“映画中毒生活”を続ける“ダメ中年”である。第5回・第7回・第8回の計3回、キネマ旬報社主催の映画検定1級試験に合格。第5回・第6回の田辺・弁慶映画祭の映画検定審査員も務めた。