トピックス

「バナナの逆襲」と「あまくない砂糖の話」

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

「パナマ文書」も気になるが、「新パナマ病」も大問題だ。その被害で日本でもバナナの供給不足が心配されている。今回はそのバナナの防除に関わる問題を描いた作品ともう1作、食の問題に関するドキュメンタリーを2本取り上げる。

「バナナの逆襲」のバナナ

日本人が最も食べている果物であるバナナ。日本向けの約9割はフィリピン産で、その約9割を大手4社が扱っている。

日本人が最も食べている果物であるバナナ。日本向けの約9割はフィリピン産で、その約9割を大手4社が扱っている。

「バナナの逆襲」は「第1話 ゲルテン監督、訴えられる」と「第2話 敏腕 弁護士ドミンゲス、現る」の2部作であるが、時系列的には第2話が先になる。

 第2話は中米のニカラグアのバナナ農園で働いていた12人の労働者たちが、不妊症になったのはアメリカで使用禁止になっていた線虫防除用の農薬DBCPが使われ続けていたからだとして、雇い主であるアメリカの巨大食品企業を訴えた裁判を描いた法廷ドキュメンタリーである。

 訴訟費用の乏しい労働者たちの弁護を引き受けたのはロサンゼルスで営利的な弁護士事務所を営むキューバ移民の弁護士ホアン・ドミンゲス。同じヒスパニック系である原告への同情からか、巨悪に立ち向かう人権派弁護士の功名狙いなのかはわからないが、彼のチームは現地に飛んで証拠を集め、巨大食品企業の雇った弁護団を向こうに回し、中南米地区の責任者だったCEOから有利な証言を引き出して一部勝訴を勝ち取る。

 裁判の証拠として、ニカラグアのバナナ農園での過去のDBCPの散布の様子が法廷で映写されるのだが、航空機だけでなく大砲のような放水器による散布は凄まじいもので、農薬で水田のように冠水したバナナ畑を労働者が素足で歩く映像は素人目で見ても過剰と感じるものであり、バナナの防除とはそこまでしなければならないものなのかと考え込んでしまった。ちなみに現在の生食バナナの主流であるキャベンディッシュは耐病性品種だが、これを現在脅かしているのがパナマ病の病原菌が変異した新パナマ病である。

 一方、第1話は2009年のロサンゼルス国際映画祭のコンペティション部門に上記の第2話=原題「BANANAS!*」の出品を予定していたフレドリック・ゲルテン監督が、突然巨大食品企業に名誉棄損で訴えられ、映画祭には上映中止の圧力がかかった一件の顛末を描いたものである。驚くのは本来製作者側に立つべき映画祭が簡単に巨大食品企業の要求に応じ、自主規制の名の下に「BANANAS!*」をコンペから除外し、地元のマスメディアも巨大食品企業寄りで観てもいない作品を非難する側に回ったことである。これらは巨大食品企業が雇ったロビイストの活動の成果であり、金さえ払えば何でも実現できるアメリカ社会を象徴するような出来事と感じさせる。

 これに対し、ゲルテン監督と製作会社のWC Filmは巨大食品企業の上映妨害活動に対する損害賠償を求めて逆提訴。この訴訟は世界各地のマスメディアで取り上げられ、ゲルテン監督の母国スウェーデンでは言論の自由をめぐる議論が活発になり、これが巨大食品企業の製品の不買運動、ひいては巨大食品企業の訴訟取り下げににつながることになる。

 面白いのはこの不買運動のきっかけになったのは、とあるブロガーがファストフードのチェーン店で食事をしたところ、件の巨大食品企業の製品が使われていたため、もうそのチェーン店には行かないとブログに書き込んだところ、その書き込みに店が反応して巨大食品企業からの仕入れをストップしたという一件であった。これは日本等の政治的にも経済的にもアメリカの影響下にある国々とは異なり、一定の距離を保った北欧の国だからこそできたことだろう。

 ニカラグアのバナナ農園の労働者やキューバ系弁護士、スウェーデン人監督という“ダビデ”が、巨大食品企業という“ゴリアテ”に勝利したともとれるが、提訴するだけで他者に対して無言の圧力となるスラップ訴訟という側面も、この映画では指摘している。

 なお、原題の「BANANAS!*」に付いている*は、単に果物としてのバナナの意味だけではなく、さまざまな知るべき事実が付加されていることを意味している。

執筆者

rightwide
rightwide
映画ウォッチャー 埼玉県出身。子供のころからSF映画が好きで、高校時代にキューブリックの「2001年宇宙の旅」を観たところ、モノリスに遭遇したサルの如く芸術映画に目覚め、国・ジャンルを問わない“雑食系映画ファン”となる。20~30代の一般に“青春”と呼ばれる貴重な時をTV・映画撮影現場の小道具係として捧げるが、「映画は見ているうちが天国、作るのは地獄」という現実を嫌というほど思い知らされ、食関連分野の月刊誌の編集者に転向。現在は各種出版物やITメディアを制作する会社で働きながら年間鑑賞本数1,000本以上という“映画中毒生活”を続ける“ダメ中年”である。第5回・第7回・第8回の計3回、キネマ旬報社主催の映画検定1級試験に合格。第5回・第6回の田辺・弁慶映画祭の映画検定審査員も務めた。