《特別企画》2010年食の10大ニュース[一覧]

「2010年食の10大ニュース」記事一覧です。

[1]横山技術士事務所 所長 横山勉

  1. 宮崎県の口蹄疫
  2. 猛暑の影響さまざま
  3. 民主党の迷走(遺伝子組換え作物サイト閉鎖等)

→続きを読む

[2]国立医薬品食品衛生研究所 畝山智香子

  1. 健康強調表示の動向
  2. 違法薬物混入ダイエタリーサプリメントについての警告
  3. トランス脂肪酸関連

→続きを読む

[3]アンクル・アウル コンサルティング主宰 奥井俊史

  1. 「フランス美食料理」がユネスコ世界無形文化遺産に
  2. ノンアルコールビールがヒット
  3. マグロ漁獲規制とマグロの完全養殖

→続きを読む

[4]宮城大学食産業学部フードビジネス学科教授 三石誠司

  1. 宮崎で「口蹄疫」発生(4月20日~8月27日)
  2. 菅首相、TPP協議入り正式表明(11月13日)
  3. 過去113年で最も暑い夏!!

→続きを読む

[5]コロ

  1. 中国が100万tのトウモロコシを買い付けに
  2. 宮崎県、鹿児島県で口蹄疫発生
  3. ロシア、ウクライナが穀物禁輸

→続きを読む

[6]食の安全情報blog主宰 小比良和威

  1. 2009年の食中毒死亡者が0件に
  2. 口蹄疫が宮崎で猛威を振るう
  3. 農林水産省「遺伝子組換え技術の情報サイト」閉鎖

→続きを読む

[7]Webサイト「安心!?食べ物情報」主宰 渡辺宏

  1. こんにゃくゼリーに対するリスク評価
  2. 「ゼロ」ブーム
  3. ホメオパシー批判

→続きを読む

[8]日本食糧新聞社次長・記者 本宮康博

  1. 環太平洋経済連携協議(TPP)参加を検討
  2. 宮崎の10年ぶり口蹄疫、甚大な被害生む
  3. 中国天洋食品ギョーザ事件の犯人捕まる

→続きを読む

[9]日本外食新聞編集長 川端隆

  1. 低価格居酒屋業態一気に増殖
  2. 飲み放題・食べ放題メニュー導入進む
  3. 牛丼安売り戦争過熱

→続きを読む

[10]柴田書店代表取締役 土肥大介

  1. ゼンショーグループが2010年度売上げで日本マクドナルドを抜き外食日本一の見込み
  2. 牛丼価格戦争勃発で吉野家一人負け。牛丼の標準価格は200円台に?
  3. 均一価格業態はじめ大衆酒場が大ブーム。居酒屋の客単価は2000円以下に突入?

→続きを読む

[11]日経BPコンサルティング企画出版本部プロデューサー 遠山敏之

  1. 値下げや割引による低価格化が外食業界を覆う
  2. クーポン共同購入サービスに多数の企業が参入
  3. ゼンショーが日本マクドナルドを抜いて、日本最大の外食企業に

→続きを読む

[12]フードジャーナリスト 加藤秀雄

  1. TPP加盟検討と前原発言
  2. 低価格飲食店・居酒屋ブーム
  3. 外食企業のアジア市場重視強まる

→続きを読む

[13]北海道・東神楽町町議会議員 山口千春

  1. 自給率プロパガンダ、終わりの始まり
  2. 今年も山田正彦で世の中大迷惑
  3. TPP騒動勃発

→続きを読む

[14]西南農場 代表取締役 宮井能雅

  1. E型肝炎
  2. E型肝炎
  3. E型肝炎

→続きを読む

[15]荒井祥

  1. 猛暑
  2. 日本近海の権益をめぐる動き
  3. 砂糖、スターチ・糖化製品原料作物(タピオカ、コーン)の高騰

→続きを読む

[16]食品産業戦略研究所 主席研究員 難波勝

  1. TPP問題
  2. 食品産地偽装問題
  3. 危機管理意識の欠如

→続きを読む

[17]テンカちゃん

  1. 相変わらずの「無添加」「不使用」「ゼロ」など無責任表示の横行
  2. 「無添加」を標榜する石井食品(株)、ユウキ食品(株)の表示違反
  3. トランス脂肪酸の表示

→続きを読む

[18]頑張れ行政

  1. 農水省のHPからGMOの安全に関するページが凍結される
  2. 米国農務次官の来日時、BSE問題の進展なし
  3. 農水省口蹄疫問題の風評被害を防ぐ

→続きを読む

[19]多聞総太郎

  1. 猛暑による米品質低下と野菜類の高騰
  2. 口蹄疫
  3. 直売所再編進む。地産地消人気の中、明暗くっきり

→続きを読む

[20]消費生活アドバイザー 瀬古博子

  1. 毒キノコによる食中毒の多発
  2. 窒息事故(こんにゃく入りゼリー)関連のリスク評価とリスク管理
  3. 宮崎県での口蹄疫発生

→続きを読む

[おわりに]FoodWatchJapan 編集部

→続きを読む

FWJ編集部
About FWJ編集部 1885 Articles
Food Watch Japan の運営および取材、執筆、編集を行っています。