2022年11月14日(月)の暦

11月第2月曜日で、月齢は19.67、中潮。旧暦の10月21日に当たります。七十二候は立冬次候、地始凍(ちはじめてこおる)の第3日。

季節と行事

2022(令和4)年11月14日 11月第2月曜日
月齢:19.67 潮名:中潮

地始凍(ちはじめてこおる/立冬次候)第3日

旧暦(天保暦):2022年10月21日=壬寅/辛亥/辛未
暦注:赤口


「日本食糧新聞」(日本食糧新聞社)発行日

全国糖尿病週間(日本糖尿病協会/11月14日を含む月曜日から日曜日までの1週間)
家族の週間(内閣府/11月第3日曜日の前後各1週間)

11月14日の記念日・行事・キャンペーン

人生100年時代の日(アサヒ飲料)
世界糖尿病デー(国際連合)
埼玉県民の日(埼玉県)
アンチエイジングの日(アンチエイジングネットワーク)
いい石の日(山梨県石材加工業協同組合)
いい上司(リーダー)の日(日本リーダーズ学会)
医師に感謝する日(Dプラス)


丸大燻製屋・ジューシーの日(丸大食品/毎月14日)

11月14日にあった出来事

華岡青洲が世界初の全身麻酔手術に成功(1804年11月14日/文化元年10月13日)
パスツール研究所設立(1888年)

11月14日ゆかりの人物

Prosper Montagné(プロスペール・モンタニェ、1865年11月14日—1948年4月22日)料理人。『ラルース料理大事典』(Larousse Gastronomique)編纂者。
朴正煕(パク・チョンヒ、1917年11月14日—1979年10月26日)政治家、軍人。
遠藤章(えんどう・あきら、1933年11月14日—)農芸化学者。
Charles Philip Arthur George(チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ、1948年11月14日—)英国王チャールズ3世。
鈴木英哉(すずき・ひでや、1969年11月14日—)ミュージシャン。Mr.Children。

六條天皇(ろくじょうてんのう、ユリウス暦1164年12月28日/長寛2年11月14日—ユリウス暦1176年8月23日/安元2年7月17日)
貝原益軒(かいばら・えきけん、1630年12月17日/寛永7年11月14日—1714年10月5日/正徳4年8月27日)本草学者、儒学者。『養生訓』の著者。


金田一京助(きんだいち・きょうすけ、1882年5月5日—1971年11月14日)言語学者、アイヌ語研究者、民族学者。
三木武夫(みき・たけお、1907年3月17日—1988年11月14日)政治家。

月間・週間・旬間

税を考える週間(国税庁/11月11日〜11月17日)
生活衛生同業組合活動推進月間(厚生労働省/全国生活衛生同業組合中央会ほか/11月1日〜11月30日)
標準営業約款普及登録促進月間(全国生活衛生営業指導センター/11月1日〜11月30日)
ダブルソフトでワンダブル月間(山崎製パン/11月1日〜11月30日)
秋季全国火災予防運動(消防庁/11月9日〜11月15日)
女性に対する暴力をなくす運動(内閣府/11月12日〜11月25日)
福祉人材確保重点実施期間(厚生労働省/11月4日〜11月17日)
エコドライブ推進月間(環境省/交通エコロジー・モビリティ財団/11月1日〜11月30日)
過労死等防止啓発月間(厚生労働省/11月1日〜11月30日)
建設業取引適正化推進月間(国土交通省/11月1日〜11月30日)
公共建築月間(国土交通省/公共建築協会/11月1日〜11月30日)
子供・若者育成支援強調月間(内閣府/11月1日〜11月30日)
下請取引適正化推進月間(公正取引委員会/中小企業庁/11月1日〜11月30日)
児童虐待防止推進月間(厚生労働省/11月1日〜11月30日)
指名手配被疑者捜査強化月間(警察庁/11月1日〜11月30日)
人材開発促進月間(厚生労働省/11月1日〜11月30日)
製品安全総点検月間(経済産業省/11月1日〜11月30日)
素形材月間(経済産業省/素形材センター/11月1日〜11月30日)
伝統的工芸品月間(経済産業省/11月1日〜11月30日)
乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間(厚生労働省/11月1日〜11月30日)
薬剤耐性(AMR)対策推進月間(内閣官房/厚生労働省ほか/11月1日〜11月30日)
麻薬・覚醒剤乱用防止運動(厚生労働省/10月1日〜11月30日)
選ぼう!3Rキャンペーン(環境省/9月1日〜11月30日)
WARM BIZ(ウォームビズ/環境省/11月1日〜3月31日)
冬の省エネキャンペーン(省エネルギー・省資源対策推進会議省庁連絡会議/11月1日〜3月31日)
間伐推進強化期間(林野庁/間伐・間伐材利用推進ネットワーク事務局/10月1日〜11月30日)
テレワーク月間(テレワーク推進フォーラム/11月1日〜11月30日)
生命保険見直し月間(ライフプラザホールディングス/3月1日〜3月31日、11月1日〜11月30日)
赤い羽根共同募金運動(中央共同募金会/10月1日〜3月31日)

花と花言葉

もみ「時・時間」

食材選びのヒント

いしだい いとよりだい めじな ひらめ かれい したびらめ めばる はぜ ぼら はも そい ふぐ きんき いしもち ししゃも かます かわはぎ めひかり えぞいそあいなめ くえ さんま まさば こはだ はまち かんぱち めばちまぐろ(近海) さけ わかさぎ

かみなりいか するめいか みずだこ かき ほたて あわび たらばがに あまえび しばえび たいしょうえび さくらえび いせえび


カリフラワー ブロッコリー キャベツ(寒玉) はくさい ねぎ 春菊 エンダイブ ほうれんそう チンゲンサイ かぼちゃ かぶ だいこん 聖護院 にんじん やまといも ながいも 自然薯 さつまいも さといも えびいも

寒うど ゆりね れんこん くわい せり しいたけ ぎんなん 菊 むかご 根わさび 根しょうが


柿(刀根) 柿(次郎) 柿(富有) みかん 文旦 ざくろ かりん りんご(ジョナゴールド) りんご(ゴールデンデリシャス) りんご(レッドゴールド) りんご(陸奥) りんご(世界一) りんご(ふじ) りんご(王林) ラ・フランス

【れんこん】れんこん(蓮根)の消費が増えるのはおせち料理向けの時期ですが、収穫は11月から本格化。冬の冷たい蓮田の中にホースを持って入り、水流で泥を押しながられんこんを引き出す作業は見ているだけでもかじかんでしまいそう。太く短く白っぽく、歯触りのよいものが主流ですが、これは明治期に入った中国種。細長く茶色っぽく、粘りがあって断面が糸を引く在来種が関東・東海などで栽培されています。

世界の暦

民国紀元111年 壬寅10月21日 星期一

ユリウス暦2022年11月1日

イスラム教:ヒジュラ暦1444年ラビーウ・アッサーニー(Rak/第4月)19日