ドイツがアフリカ畜産に協力

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.05(2019.03.06)を発表した。

注目記事

【ドイツ】アフリカでのOne Healthアプローチの展開

 ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR: Bundesinstitut für Risikobewertung)が参加するプロジェクトの初会合として、2019年1月23〜25日にベルリンで開催されたワークショップでは、動物の健康、食品安全、およびOne Health(ヒトと動物そして環境の関係における総合的な健全性を表す考え方)の理念にもとづくアプローチに焦点が当てられた。

 このプロジェクトは、ドイツ連邦経済協力開発省(BMZ)の700万ユーロという多額な資金提供により5年間継続し、サハラ砂漠以南のアフリカ諸国で実施される予定である。BfRのHensel長官は、「抗菌剤耐性や食品由来疾患などの世界的な問題は国境を越えるもので、解決策の策定のためには国際的な科学技術協力が必要である」としている。

 本プロジェクトの全体としては、動物衛生対策の強化、農業(畜産)研究の推進、動物由来製品の安全性・品質向上、および動物疾患の撲滅を目指した国際的活動への支援に重点が置かれている。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.05(2019.03.06)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2019/foodinfo201905m.pdf

今号の目次

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. 七 面 鳥生肉製品に関連して複数州にわたり発生している多剤耐性サルモネラ
(Salmonella Reading)感染アウトブレイク(2019年2月15日付更新情報)
2. Del Monte Fresh Produce 社製の野菜盛り合わせ製品に関連して米国の複数州で発生
したサイクロスポラ症アウトブレイク(2018年)(最終更新)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. 公衆衛生通知:七面鳥生肉および鶏生肉に関連して発生しているサルモネラ感染アウト
ブレイク(2019年1月31日付更新情報)

【欧州疾病予防管理センター(ECDC)】
1. カンピロバクター症 -2016年次疫学報告書

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and
Feed)

【ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)】
1. 世界的な問題としての抗菌剤耐性菌