豚肉RTE製品のリステリア

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.01(2019.01.09)を発表した。

注目記事

【米国】豚肉製品に関連のリステリア

 米国疾病予防管理センター(US CDC: Centers for Disease Control and Prevention)、複数州の公衆衛生・食品規制当局および米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS)は、Long Phung Food Products社(登録社名は165368 C. Corporation)が製造した豚肉製品に関連して複数州にわたり発生しているリステリア(Listeria monocytogenes)感染アウトブレイクを調査している。

 患者由来リステリア検体は2017年7月1日~2018年10月24日に採取された。患者の年齢範囲は35~84歳で、年齢中央値は60歳である。患者は4人全員が女性であり、全員が入院したが、死亡者は報告されていない。

 疫学調査および検査機関での検査から得られたエビデンスは、Long Phung Food Products社(登録社名は165368 C. Corporation、テキサス州ヒューストン)の豚肉製品が本アウトブレイクの感染源である可能性が高いことを示している。

 2018年11月20日、Long Phung Food Products社は、リステリア汚染の可能性があるとしてready-to-eat(そのまま喫食可能な)豚肉製品の回収を開始した。回収対象は、2018年5月21日~11月16日に製造された製品である。

 本アウトブレイク調査は継続しており、CDCは更新情報を提供していく予定である。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.01(2019.01.09)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2019/foodinfo201901m.pdf

今号の目次

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】

1. 豚肉製品に関連して複数州にわたり発生しているリステリア(Listeria monocytogenes)感染アウトブレイク(初発情報)

2. サルモネラ(Salmonella Agbeni)感染アウトブレイク(初発情報)

3. ロメインレタスの喫食に関連して発生している志賀毒素産生性大腸菌(STEC)O157:H7感染アウトブレイク(2018年12月18日付更新情報)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】

1. 公衆衛生通知:ロメインレタスに関連して発生している大腸菌感染アウトブレイク(2018年12月24日付更新情報)

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】

1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【スコットランド健康保護庁(UK HPS)】

1. 2017年のスコットランドにおける志賀毒素産生性大腸菌(STEC):強化サーベイランスおよびリファレンス検査機関のデータ

【ProMed mail】

1. コレラ、下痢、赤痢最新情報