冷凍ココナッツのサルモネラ

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.03(2018.01.31)を発表した。

注目記事

【米国疾病予防管理センター】冷凍細切りココナッツ関連のサルモネラ

 米国疾病予防管理センター(US CDC: Centers for Disease Control and Prevention)と複数州の公衆衛生・食品規制当局および米国食品医薬品局(US FDA)は、複数州にわたり発生しているサルモネラ感染アウトブレイクを調査している。

 本アウトブレイクでは、2種類のサルモネラ血清型のいずれかに感染した患者が2018年1月12日までに米国の9州から計25人報告されている。疫学・追跡調査および検査機関での検査の結果は、Coconut Treeブランドの冷凍細切りココナッツが本アウトブレイクの感染源である可能性が高いことを示している。調査はまだ継続中である。

 患者に対し、発症前1週間の食品喫食歴およびその他の曝露歴に関する聞き取り調査が行われた。その結果、聞き取りが実施された16人のうち10人(63%)がココナッツの喫食またはその可能性を報告した。この10人のうち8人(80%)は、冷凍細切りココナッツを含有するアジア風デザート飲料を喫飲したと報告した。

 アウトブレイク調査の期間中、各州・地域の保健当局は、患者がアジア風デザート飲料を喫飲したレストランから様々な食品検体を採取した。これらの調査結果を受け、2018年1月3日にEvershing International Trading社はCoconut Treeブランドのすべての冷凍細切りココナッツの回収を開始した。回収対象は16オンス(約454グラム)ビニール袋入りの製品である。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.03(2018.01.31)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2018/foodinfo201803m.pdf

今号の目次

【汎アメリカ保健機構(PAHO)】

1. コレラの流行に関する更新情報(2017年12月28日付)

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】

1. Coconut Treeブランドの冷凍細切りココナッツに関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ感染アウトブレイク(初発情報)

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】

1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州疾病予防管理センター(ECDC)、欧州食品安全機関(EFSA)】

1. 合同迅速アウトブレイク評価:乳児用調製乳に関連して複数国にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Agona)感染アウトブレイク

【ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)】

1. グローバル化する市場における食品安全問題の解決に向けてスウェーデン食品庁と協力

【オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)】

1. オランダにおける人獣共通感染症の発生状況(2016年)

【ProMed mail】

1. コレラ、下痢、赤痢最新情報