トルコ産ザクロにA型肝炎ウイルス汚染の可能性

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.14(2013.07.10)を発表した。

注目記事

【US FDA】A型肝炎ウイルス汚染の可能性でトルコ産ザクロを輸入停止

 米国食品医薬品局(US FDA)は、トルコのGoknur Gida Maddeleri Ithalat Ihracat Tic(Goknur Foodstuffs Import Export Trading)社が取り扱っているザクロの米国内への輸入停止を決定した。ザクロを含有する冷凍ベリーミックス製品「Townsend Farms Organic Antioxidant Blend」に関連して複数州で発生しているA型肝炎アウトブレイクについて、FDA、米国疾病予防管理センター(US CDC)および各州の保健当局が実施した調査の結果を受けた措置。

食品安全情報(微生物)No.12(2013.06.12)/A型肝炎アウトブレイクについて参照。

【欧米各国】A型肝炎関連情報

● 米国食品医薬品局(US FDA)は、米国疾病予防管理センター(US CDC)および州・地域の保健当局と協力し、複数州にわたり発生しているリステリア(Listeria monocytogenes)感染アウトブレイクを調査している。

 Crave Brothers Farmstead Cheese社(ウィスコンシン州Waterloo)が製造・販売したチーズ製品「Les Freres」「Petit Frere」「Petit Frere with Truffles」に関連して発生している。

 州ごとの患者数は、イリノイ 1、インディアナ 1、ミネソタ 2、ハイオ 1。患者5人が入院し、死亡者が1人。患者1人が流産した。

● 欧州食品安全機関(EFSA: European Food Safety Authority)は、そのまま喫食可能な(RTE)3種類の食品、スモーク(温燻・冷燻)またはマリネした魚の包装製品(以下Aとする)、加熱済み食肉の包装製品(以下B)、フレッシュチーズ以外のソフト・セミソフトチーズ(以下C)について、リステリアの汚染率および検体ごとの汚染菌数を推定するため、小売段階でのベースライン調査をEU全域にわたり行った。

 今回の調査では、少数の魚製品の検体が品質保持期限終了時に100cfu/gの食品安全基準を超えていた。加熱済み食肉製品では該当する検体の割合は非常に小さく、ソフト・セミソフトチーズでは稀であった。

● ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR:Bundesinstitut fur Risikobewertung)は、欧州連合(EU)規模のベースライン調査の一環として、魚の燻製・マリネ製品、ソフト・セミソフトチーズ、および加熱処理済み食肉製品でのリステリアの汚染状況を調査した。その結果、リステリアについて定められている微生物学的基準が必ずしも厳守されていないことが明らかになった。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html

食品安全情報(微生物)No.14(2013.07.10)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2013/foodinfo201314m.pdf

今号の目次

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. 特定のチーズに関連して複数州にわたり発生しているリステリア(Listeria monocytogenes)感染アウトブレイク
2. 米国食品医薬品局(US FDA)がA型肝炎ウイルス汚染の可能性があるトルコ産ザクロの輸入停止を決定
3. Scenic Fruit社がA型肝炎ウイルス汚染の可能性がある冷凍ザクロ製品を回収
4. Townsend Farms社がA型肝炎ウイルス汚染の可能性がある冷凍ベリー・ザクロ混合製品(Organic Antioxidant Blend)の回収対象を拡大(2013年6月28日付更新情報)

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. Crave Brothers Farmsteadチーズに関連して複数州にわたり発生しているリステリア(Listeria monocytogenes)感染アウトブレイク
2. トルコからの輸入ザクロに関連して複数州にわたり発生しているA型肝炎アウトブレイク(2013年7月9日付更新情報)
3. 生きた家禽類に関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Typhimurium)感染アウトブレイク(2013年7月2日付更新情報)

【欧州委員会健康・消費者保護総局(EC DG-SANCO)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. そのまま喫食可能な一部の食品のリステリア(Listeria monocytogenes)汚染率に関するベースライン調査(欧州連合、2010~2011年)パートA: L. monocytogenes汚染率の推定

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. BSE(牛海綿状脳症)およびスクレイピー管理義務違反4件

【ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)】
1. 魚の燻製・マリネ製品および未殺菌乳由来のチーズのリステリア汚染に関する食品安全基準は必ずしも遵守されていない

【オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)】
1. 食品中のウイルスの定量的リスクプロファイル

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報