ミルクならぬミルクについて

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(化学物質)No.21(2018.10.10)を発表した。

注目記事

<注目記事>

【EC】食品中の工業トランス脂肪含量の法的規制値を設定することについて意見募集

 欧州委員会(EC)は、動物脂肪に天然に含まれるトランス脂肪を除き、最終製品の食品に含まれるトランス脂肪の濃度は脂肪100gあたり2gを超えてはならないとする、規則(EC)No1925/2006の改定案を発表し、意見を募集する。「トランス脂肪」の定義は、少なくとも一つのトランス型の非共役炭素-炭素二重結合をもつ脂肪酸である。

※ポイント:EUでは、2015年にECが工業的に生産されたトランス脂肪酸を規制することが公衆衛生面で効果的であるという報告書をまとめてから、どのような規制措置にするのがよいか議論されてきました。議論では、米国・カナダと同じように食品への部分水素添加油の使用を制限するという案もありましたが、今回、EUでは基準値設定の方向で行こうとしていることが示されました。EU加盟国の中には、同等の基準値をすでに国内で設定している国もあるので、実行可能性の面でも導入しやすいのかもしれません。

【FDA】同定基準の現代化と植物ベースの代用品への乳製品の名前を使うことについてのFDA長官Scott Gottlieb医師の声明

 標準的な乳製品に代わるものとして市場に流通している植物を主原料とする多くの食品が存在する。たとえば、チーズに代わる大豆製品やミルクに代わるナッツ製品である。しかしこれらの製品はチーズやミルクと称される標準的な食品には当てはまらない。FDAはそれら植物製品のいくつかは、表示が消費者にミルクであると信じ込ませる可能性があると懸念している。本日FDAは、消費者が植物を主原料とする代替品(例:大豆、豆、ナッツ製品)をどのように利用しているか、「ミルク」や「チーズ」といった表示に記載された単語をどのように理解しているのかについて一般からの情報提供を強く求めることにした。

※ポイント:植物由来の製品なのに「○○ミルク」という名前の製品は消費者の誤解を招くので何とかしなければというFDAの意志が感じられるのですが、再度、消費者からの意見/情報を募集しているので、この問題、すんなりとは行かない印象です。

【FSA】コメ中のヒ素-コメとライスミルクのヒ素の安全な値に関する助言

 コメはしばしばミルクの代用品として使用される。英国食品基準庁(FSA)は、5才以下の小さい子供には母乳、乳児用調製乳、牛乳の代わりにライスミルクを与えられるべきではなく、5才以上の子供や成人ではバランスのよい食事の一部としてライスミルクを飲むことができると助言する。アレルギーや乳/大豆不耐症の子供には多くの代用品があるので、医師などに相談すること。

【FAO】ePing:貿易相手国の製品要求事項変更を発見するツール

 すべての関係者に向けた、SPS/TBT協定に基づきWTO加盟国から報告された規制や基準に関する情報をタイムリーに入手可能にするためのツール「ePing」を紹介。ePingウェブサイトから登録すると希望した情報をメールで受信できる。

ePing
http://www.epingalert.org/en

(安全情報部第三室)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(化学物質)No.21(2018.10.10)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2018/foodinfo201821c.pdf

今号の目次

【FAO】
1. ePing: 貿易相手国の製品要求事項変更を発見するツール

【EC】
1. 食品中の工業トランス脂肪含量の法的規制値を設定することについて意見募集
2. 査察報告書:エストニア
3. 食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)

【EFSA】
1. EFSA会議終了「協同、協同、協同」
2. ピアス病菌(Xylella):寄生植物データベース更新
3. 新規食品関連
4. 農薬評価関連

【FSA】
1. コメ中のヒ素-コメとライスミルクのヒ素の安全な値に関する助言

【NHS】
1. 地中海式の食事をすることは抑鬱症のリスクを下げるかもしれない
2. 高齢者が処方薬とハーブレメディを混ぜていることに懸念が生じる

【ASA】
1. ASA裁定

【BfR】
1. 食品中の塩素酸塩に関するよくある質問

【FSAI】
1. 食品事業者の消費者向けアレルゲン情報提供はまだ十分ではない

【FDA】
1. 消費者の安全向上を図るために特定の食品リコールに際して小売店情報を開示するFDAの新方針に関するFDA 長官Scott Gottlieb医師の声明
2. 同定基準の現代化と植物ベースの代用品への乳製品の名前を使うことについてのFDA 長官Scott Gottlieb医師の声明
3.2016会計年度の農薬解析は過去5年一貫した傾向を示す
4. 警告文書

【CDC】
1. 米国は世界に抗生物質耐性との世界的戦いを強化するよう問う

【NIH】
1. 医療関係者向けファクトシート更新

【FTC】
1. 裁判所は減量サプリメント宣伝販売業者Roca Labsへの訴訟の件でFTCに軍配をあげた

【CFIA】
1. 選択した穀物と豆類のデオキシニバレノール
2. 食品リコール警告

【APVMA】
1. スプレードリフト事故を減らすための新しい2,4-D使い方ラベル

【NSW】
1. リコール

【香港政府ニュース】
1. マカオ政府より‐ マカオの基準値を超えるアフラトキシンB1がGolden Resorts ブランドのLow Sugar Double Yolk Moon Cake with Lotus Seed Paste(黃金集團低糖 雙黃白蓮蓉月餅)から検出された ことに関する食品警告
2. 中国政府より‐ 中国本土の基準値を違反した鉛が「佳宝九制陈皮」から検出された
3. 食品安全センターはソウギョ及びソウギョの浮袋に微量のマラカイトグリーンを検出
4. ワタリガニのサンプルに動物用医薬品のクロラムフェニコールを検出
5. 違反情報

【MFDS】
1.日本産輸入食品の放射能検査の結果
2. 貝類毒素発生および検査現況
3. 流通卵の検査結果、不適合卵の回収・廃棄
4. 農産物の農薬残留許容基準の設定拡大
5. オンライン違法流通根絶のための相互業務協約の締結
6. 食品医薬品安全評価院、欧州のリスク評価技術・情報交流のチャンネル拡大
7. ベンゾピレンが基準を超過した輸入ヒマワリ油の回収措置

【HSA】
1. HSAは他国で発見された不正な健康製品に関する情報を更新(7月-8月2018)
2.「Jus Al Sunnah Gold1001Khasiat Jus Alternatif」及び「Jus Al Sunnah1001Khasiat Jus Alternatif」のフルーツジュースは表示されない強い医薬品成分を含むことを確認

【その他】
・食品安全関係情報(食品安全委員会)から
・(EurekAlert)運動する人向けのプロテインサプリメントの質
・(EurekAlert)黒人成人の高血圧リスクの高さに関連するトップ要因は南部の食事
・(EurekAlert)教育レベルが高く上流階級の女性:スペインのホメオパシー使用者のプロフィール
・(EurekAlert)何故ビタミンEの効果はこれまで運任せだったのか