「頑張れ」連呼は職業人の基本を忘れさせる

CMなど、このところテレビは「頑張れ」という言葉をのべつ幕なしに流している観がある。しかし、これは現実ばなれした言葉であり、何か効果があるようには思われず、むしろ弊害が多いと考えられる。これに対して大切なのは、個に対応することのはずだ。

【1】「頑張れ」は、何かの「目標」や「希望」のある人に対して使う

 一般的に「頑張れ」と我々が良く言うのは、試合に臨む選手に対してであったり、受験生に対してであったり、何か頑張った結果によって「目標」や「希望」が達成できたり、「目的」がかなえられたり、将来の可能性が開けることに対してであることが多い。

【2】「頑張れ」は発言者の期待の表明

「頑張れ」は、ハレの日の訪れに対する期待が込められている。しかし、直接的には「つらいだろうが、厳しいだろうが、我慢してやり抜いてほしい」という、言葉をかける側の思いが込められている。言葉をかける人が、その言葉をかける相手に、「自覚して」「ベストを尽くして」「ベストな結果を出して」と、依頼する言葉と言える。

【3】「頑張れ」は、言われた人にはプレッシャーとなることも多い

「頑張れ」に対して「頑張ります」と言うことは、「期待に対し応えます、そのための努力をします」という、ある種の約束をすることになる。

 また「頑張る」という言葉の元来の意味は、「我を張る」で、自分の陣地、所有物、考えを譲らないということだ。それが転じて、目標達成のために自己の意思を強く通すという意味として、肯定的に使われることも多くなった言葉だ。

 つまり、「頑張る」とは、抗う相手・対象物があり、責任を負うことであり、精神的・物理的なコストがある。そのため、平時においても、「頑張れ」と言われることに対して負担を感じる人も少なくない。受験生が親や友人に言われたくない言葉としても有名なわけだ。

 そして今の時代、「頑張れ」と言われたくない人は増えている。相手の期待や、信頼に対する責任が負担になるからだ。「プレッシャー」というものだ。だから、「頑張れ」がかえって悪い影響をもたらすことも多い。「頑張れ」と言われた当人が、成果を出すことができなかったり、自信が揺らぐ時には「自己否定」につながる。最悪の場合、それが自殺にまでつながり得る。

 とくに、鬱状態にある人には使わないように推奨されている言葉でもある。近年この認識が広まり、鬱と診断された人ではなくとも、プレッシャーに弱い人、どう見ても過酷な状況に置かれている人に対しては、「頑張れ」とは言わないというのがマナーとして定着しつつあった。

【4】「頑張れ」は、震災被災者にと言える状態にない

 さて、約1カ月間でおよそ復旧したとは言え(全面復旧とはまだ言える状況にない)、私も浦安市の被災者として申し上げたい。「頑張れ」と声をかけたい気持ちは、わからないではない。少なくとも悪意で言っているのではないことはわかる。ただ、「他人事(ひとごと)なのだ」としか感じられない。

 現地の被災者以外の大半の人は、被災者が「頑張る」対象がわかっていない。「頑張る」課題と、それが現実に果たし得ると確信できる状況にないという事情がわかっていない。そんな状態で「頑張れ」と言うのは、明らかにずれている。

奥井俊史
About 奥井俊史 106 Articles
アンクル・アウル コンサルティング主宰 おくい・としふみ 1942年大阪府生まれ。65年大阪外国語大学中国語科卒業。同年トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)入社。中国、中近東、アフリカ諸国への輸出に携わる。80年初代北京事務所所長。90年ハーレーダビッドソンジャパン入社。91年~2008年同社社長。2009年アンクルアウルコンサルティングを立ち上げ、経営実績と経験を生かしたコンサルティング活動を展開中。著書に「アメリカ車はなぜ日本で売れないのか」(光文社)、「巨象に勝ったハーレーダビッドソンジャパンの信念」(丸善)、「ハーレーダビッドソン ジャパン実践営業革新」「日本発ハーレダビッドソンがめざした顧客との『絆』づくり」(ともにファーストプレス)などがある。 ●アンクル・アウル コンサルティング http://uncle-owl.jp/