実は多い、美に詳しくないビューティーアドバイザーさんたち

前回は、ビューティーアドバイザーさんは有名タレントと一般人の中間的存在というお話をしました。で、知名度も中くらいなら知識・情報も中くらい、というか、全然詳しくないジャンという方も多いのでして。じゃあ、彼女たちのセールスポイントは何かというと、やっぱり容姿ということになるんですね。

「私たちより詳しくなくてどうするんだと……」

 前回はビューティーアドバイザーさんとは言え、さすが詳しいなーという人は少ない、というお話をしました。それでも、やっぱり自分の足とオカネをかけて取材して情報を得たり勉強したりしている方々には、かなわないのです。

 とくに海外に出かけてまで情報収集している方は、ネットにも載っていないことを知ってますから、非常に深い。海外の美容のトレンドなど直接見てきたことは説得力が違いますね。

 そもそも、健康食品であったり一般の健康・美容番組に関わるテレビのスタッフって、実はソ~ト~に、健康や美容に詳しくなっちゃうんです、イヤでも。取材やリサーチで多くの医師や専門家に会い、本を読んでネットを叩いて、そうして面白いと思って練った企画が、しかし会議では軽く一蹴されたりするので、もう一度別ネタで一連の作業を繰り返して……となるとまぁ、詳しくならざるをえないんですね。

 何にも知らない人のふりをして、実はけっこう知ってますヨな私たちのところへ、ビューティーアドバイザーさんたちは専門家としていらっしゃるわけなので、やっぱり「さすが~! お詳しい!!」と思わせていただかないと、ザンネン! です。

 ところが、なんとなく軽い気持ちで「ビューティアドバイザー」という肩書きをつけている方、というのは、そこまでの努力はされていなくて、実際に「私だから知ってるの」という情報も持っていない人も多かったりするんです。

「最近は『料理研究家』にもザンネン!な人多いじゃないですか」

 ちょっと話がそれますが、実はこれ「料理研究家」という肩書きの方にも、しばしば見受けられます。

 もちろん栄養士の資格を取ったり、料理学校で技術と理論を身に付けるなど、学問的に勉強してきて、さらにその後自分なりに研究を重ねて、という方々の“深さ”は素晴らしい。「料理研究家といえばこの人!」というような有名な方は、材料選びや組み合わせ一つひとつに根拠があるので、本当に聞いて納得、見て発見、味わってオイシサに驚きの連続です!

 が、最近“ブロガーから料理研究家”というパターンも多いように、こちらも誰でも名乗れる肩書きなので、「アレ?」という人も多い。

 たとえば、ブログで話題なので番組に出てもらいましょう……となったとき。僕も料理は番組で必要にかられて、付け焼き刃的に知識を押し込んだレベルではありますが、ちょっとはわかることはわかります。が、このパターンの「料理研究家」を呼んでみると、びーっくりするほど基本を知らなかったり、作るのに手間がかかりすぎていたり、材料や調味料にお金がかかりすぎていたりします。

 まぁ料理って、調味料や加工品が発達したこの現代、根拠なく足し算していったりしてもなんだかオイシク出来ちゃった、みたいなことは多いんですよね……。

「やっぱりつまるところ、美貌が勝負なんだなと」

 と、話がそれました。ビューティアドバイザーのことに戻さねばですが、ここまでである程度、私が知る限りのことは書いたような気もします。

 なんだか、うがった見方をしてしまうことを多く書いてしまいましたが、結局のところですね、ビューティアドバイザーの最大の説得力は、「本人の見た目の美しさ、若さ」、これにつきます。本当に年齢が信じられない、という人は、この方面、多数いらっしゃいます!

 問題は、その美貌をいかに縁もゆかりもなかった商品に引きつけることが出来るか? というところです。

 クライアントや制作側のこんな気持ちに、そのお姿と知恵でどう応えていただけるか――このあたりが、今やあまたいらっしゃるビューティアドバイザーさんたちの成功がかかる、大きな生命線と言えるでしょうか。

 ビューティアドバイザーの皆さん、いろいろ書いちゃいましたが、今後ともヨロシクお世話になります!

About 森畑たけし 65 Articles
通販番組制作担当者 もりはた・たけし 1975年生まれ。通常のテレビ番組と通販番組を手がけて12年。ひと昔前、一段下に見られていた感のある通販番組とその市場の成長に驚くばかり。同時に「やっててよかった~」とありがたい食い扶持があることにホッ……。しかし、膨大なグルメ情報、健康情報、お得情報などを発信し続けていながら、本人は全く活用できていない。自分が通販アイテムを買って続けるなら髪関係だろうかと、毛根と〆切が気になる人。