ドラゴンブレスは危険である

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(化学物質)No.19(2018.09.12)を発表した。

注目記事

<注目記事>

【FDA】FDAは消費者に、販売されるところで液体窒素を使って作る食品を食べたり飲んだり取り扱ったりすることを避けるように助言する

 米国食品医薬品局(FDA)は、消費者や小売業者に対し、食べる直前に販売場所で液体窒素を使って作る食品による重大な傷害の可能性について警告する。こうした製品はしばしば「ドラゴンブレス」(Dragon’s Breath)、「天国の息」(Heaven’s Breath)、「ニトロパフ」(nitro puff)などの名前で販売されている。

 液体窒素は毒ではないが極めて低温なため、取り扱いを間違えたり間違って飲み込んだりすると皮膚や内臓に重大な傷害を引き起こすことがある。食べる直前に液体窒素を加えて作った食品や飲料から放出される蒸気は、とくに喘息のある人に呼吸困難を引き起こす可能性がある。

※ポイント:昨年、韓国で液体窒素が添加された菓子(ヤンガリー菓子)を食べた子供が傷害を負った事故があり、食品医薬品安全処(MFDS)が液体窒素が残留する食品の販売を禁止しました。見た目には白い蒸気が出て楽しいかもしれませんが、ドライアイスをそのまま口に入れているようなもので非常に危険です。ちなみに、1気圧での窒素の沸点は-195.8℃、ドライアイスの昇華点は-78.5℃です。

【FDA】FDAはカリフォルニア州のがん警告法からコーヒーを除外することを支持する

 カリフォルニア州の裁判所が、アクリルアミドを含むことを理由にコーヒーをプロポジション65の対象とし、州内で販売されるコーヒーにがん警告文の表示を求めることを認める判決を下した。FDAは本件について、コーヒーを飲むことが健康危害をもたらすという消費者の誤解を招く可能性を懸念している。しかしカリフォルニア当局がコーヒーをプロポジション65の対象から除外すると提案したことから、FDAはこれを支持している。

※ポイント:カリフォルニア州法のプロポジション65(正式名:Safe Drinking Water and Toxic Enforcement Act of1986)は世界的に見ても特殊で、独自的な法律として知られています。この法律を管轄しているカリフォルニア州環境衛生ハザード評価局(OEHHA)は、発がん性または生殖毒性があると知られている天然物質や合成化学物質をリスト化し、それを含む製品には警告表示を求めています。

 今回は、発がん性のためアクリルアミドがリストに登録されているので、コーヒーに警告表示が必要なのではないかという話題です。

【MFDS】乳・幼児用器具及び容器・包装にビスフェノールA(BPA)の使用禁止を拡大

 韓国の食品医薬品安全処(MFDS)は、離乳食用食器、ストロー、コップなど、幼児が使うすべての食品用器具および容器・包装にBPAの使用を禁止するのを主内容とする、器具および容器・包装の基準規格告示改正案を8月31日行政予告とすることを明らかにした。

※ポイント:EUで食品接触材料へのBPA使用に関する規則が厳しくなることが影響していると思われます。BPAに関する新たな試験結果が発表されつつあり、再評価の動きがあるので、今週号の欧州食品安全機関(EFSA)やFDAの記事にもBPAの話題を紹介しています。

(安全情報部第三室)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(化学物質)No.19(2018.09.12)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2018/foodinfo201819c.pdf

今号の目次

【EC】
1. 査察報告書:日本、イタリア、ポーランド、ポルトガル
2. 食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)

【EFSA】
1. BPAについての最新情報: 作業部会は新しく行われた試験のレビューを始める
2. ミルクを植物保護に使用するための基本物質申請に関する加盟国及びEFSAの協議結果
3. 農薬の経年吸着試験をどのように実施し、分析し、規制評価において活用すべきかについて化学物質規制委員会(UK)が作成したガイダンスに関する科学的意見
4. 哺乳類への毒性の検討において繰り返し生じる一般的な問題に関する農薬ピアレビュー会議の結果
5. シペルメトリンの農薬リスク評価についてのピアレビュー
6. 有効成分α-シペルメトリンの農薬リスク評価についてのピアレビュー

【FSA】
1. 鶏肉および豚肉に存在する細菌における抗菌剤耐性の調査結果公表

【DEFRA】
1. プラスチックバッグの有料化は全ての小売業に拡大される

【DHSC】
1. 子どもにエネルギードリンクを販売することを禁止することについて意見募集

【MHRA】
1. ある種のグルコサミン製品の分類変更
2. 家族経営のニセ薬工場:医薬品強制捜査で三人逮捕

【HSE】
1. 喫煙と飲酒は10代の若者の動脈の健康に影響を与える

【ASA】
1. ASA裁定

【BfR】
1. ポリアミドオリゴマー類: 台所用品由来のプラスチック成分
2. パーフルオロオクタン酸(PFOA)およびパーフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)の評価が改めて問われる

【RIVM】
1. PFAS混合物暴露:相対強度係数アプローチ

【EVIRA】
1. キノコの取り扱い

【FDA】
1. FDAは消費者に、販売されるところで液体窒素を使って作る食品を食べたり飲んだり取り扱ったりすることを避けるように助言する
2. FDAはカリフォルニア州のがん警告法(cancer warning law)からコーヒーを除外することを支持する
3. FDAは米国と海外の貿易相手国との間で食品に関する新たな輸出認証プログラムを適用して取引の推進に助力する
4. FDAは認定第三者認証プログラムに基づくANAB承認範囲を拡大する
5. FDAの第三者認証プログラムに基づき最初の認証機関が認定される
6. 地方裁判所は非公表の医薬品を含む性機能増強製品を販売している企業に対して恒久的な差し止め命令を下した
7. FDAは Dr. King’sのラベルのホメオパシー医薬品及びペット製品を含め、King Bioによって製造された商品を使用しないよう消費者に警告している
8. Diamond Food Sales はヒスタミンのため冷凍インドサバを回収措置
9. FDAが生きた微生物を含むダイエタリーサプリメントの表示に関するガイダンス案を公表
10. FDAがBPAの研究結果に光をあてる(ウェブセミナー開催)
11. 純粋なメープルシロップやハチミツの栄養成分表示に添加糖の情報を収載するための最新の方策に関するFDA長官の声明

【USDA】
1. ARS:ソルガムの雑草を殺す力をイネに与える
2. 食品安全専門家は「あなたの肉に入っているもの」は安全で健全であることを保証する
3. USDA とFDAは家畜や家禽由来の製品開発に動物細胞培養技術を使用することに関する合同公聴会を発表

【NIH】
1. ブラック・コホッシュ

【FSANZ】
1. 新しい交配技術を用いた食品-レビュー

【香港政府ニュース】
1. 違反情報
2. CFSは日本からのサツマイモ及び山芋の輸入違反をフォローアップする

【MFDS】
1.日本産輸入食品の放射能検査の結果
2. 乳・幼児用器具及び容器・包装にビスフェノールA(BPA)の使用禁止を拡大
3. HMR、一人飯などの食品トレンドの変化に応じた安全管理法案の議論
4. 偽「100%フルーツ濃縮液」の製造業者の検挙
5. 韓国国民の食品消費パターンの分析、食品の安全管理に活用
6. 食品医薬品安全処、食医薬安全予算拡大で革新的成長が求められる
7. 回収措置
8. 免税店内で販売・流通されている製品の安全管理
9. 試験・検査機関を対象とした「2018年熟練度評価」の実施

【FSSAI】
1. 耐容上限についてのICMR報告に関する通知
2. 食品強化に関する懸念に対応するFAQ

【その他】
・(ProMED-mail)麦角、小麦 米国
・(EurekAlert)公衆衛生研究者らがヒゲナミンhigenamineを含むダイエタリーサプリメントに警告
・(EurekAlert)プロバイオティクスの内部調査