「テキーラフェスタ2012」主催者予測を上回る盛況

イベントを楽しむムードは他のスピリッツの試飲会等とは明らかに違う(写真提供:日本テキーラ協会)
イベントを楽しむムードは他のスピリッツの試飲会等とは明らかに違う(写真提供:日本テキーラ協会)
「テキーラが好き!」で集まった入場者の数は400を超えた(写真提供:日本テキーラ協会)
「テキーラが好き!」で集まった入場者の数は400を超えた(写真提供:日本テキーラ協会)

日本テキーラ協会(東京都港区、林生馬会長)は、12月16日、「テキーラフェスタ2012」を東京豊洲の「カフェハウス」で開催した。2008年7月に発足した同協会の初めての全国的なイベントで、協会の予測を上回るおよそ400人が来場した。

 テキーラを使ったカクテル・コンペティションも行い、北は札幌から南は福岡まで全国から集まったバーテンダーによる6チームが競作。江刺幸治さんをリーダーとするチームDの作品「仮面貴族」が優勝した。

 林生馬会長は「今年の成功を来年につなげたい」と、来年もさらに規模を拡大してテキーラフェスタを開催する意向を示した。

テキーラが苦手である筆者による「テキーラ・フェスタ2012」レポート

――ニュース記事風に書けば、まぁこんな感じになるだろうか。

 日本で洋酒、分けても蒸留酒の発表会と言うとウイスキーがメインになることが多い。日本最大のイベントである「FOODEX」(日本能率協会)しかり、蒸留酒に特化した「バーショー」(ウィスク・イー)しかり。ウイスキーをメインとしたイベントは「バーショー」以外に大規模なものだけでも「モダン・モルト・ウイスキー・マーケット」(三洋物産)、「ウイスキー・フェスティバル」(スコッチ文化研究所)などがあるが、ジンやウォッカ等他のスピリッツに関してはラムが頑張っているくらいで、輸入代理店が一堂に会するイベントはなかなかないというのが現状だった。

 そんな中、4年前に発足して地道に活動を続けてきた日本テキーラ協会が、満を持して全国的なイベント「テキーラ・フェスタ2012」を開催するという。

 正直な話をすると、筆者は暑い国の酒があまり得意ではない。たしかにタイで原付バイクに3人乗りで雑踏を走り抜けながら飲む「メコン」や、ベトナムの昼下がりにアオザイ姿の女子学生を眺めつつ飲む「ネップ・モイ」はうまいのかもしれない。ラムやテキーラなら技術的にも歴史的にも、もちろん味の面でも確固たる地位を築いている、それも認めないではない。しかし、アクアビットやウォッカには感じる“思い入れ”を、熱い国の酒ではどうにも感じられないのだ。ラムなら「コルバ」のダーク、テキーラなら「エル・テソロ」のシルバー(ブランコ)さえあれば十分だと公言してはばからない筆者が、なぜテキーラのレポートを書くことにしたのか、から説明したい。

 あまり思い入れが深くないとは言うものの、ウイスキーの陰に隠れがちなウォッカを愛する人間としては、モルトウイスキーの独壇場であるかの観がある現在の洋酒(蒸留酒)界で、ウォッカと同じく少数派に甘んじているテキーラだけを集めた大掛かりなイベントに興味をひかれたのが始まりだった。

マイナスのイメージからのスタート

会場に入りきれなかった人は屋外特設テーブルで。晴天に恵まれたのが幸い
会場に入りきれなかった人は屋外特設テーブルで。晴天に恵まれたのが幸い

 どこのバーでもバックバー(酒棚)の目につきやすい“一等地”はスコッチとモルトウイスキーが占め、ウォッカは冷凍庫の隅に、テキーラはバックバーの端っこに追いやられているというのが現在の日本のバーの大勢だ。実際、銀座の有名なバーでさえテキーラと言うと「マリアッチ」のレポサドが1本という店さえある。

 片隅に追いやられているウォッカをこよなく愛する筆者としては、同じく冷遇を受けているテキーラについつい連帯感を感じて……とまあ、それだけの思いでチケットを購入した。

「テキーラが好きな人って、どんな人たちなんだろう?」そんな人間観察を兼ねてという心で、冷え込みが一段落した東京・豊洲の地下鉄出口を抜けると、そこにはまばゆいばかりの青空が広がっていた。なんとなく未来都市的な街並みは筆者の地元の中野とは大違いで、そこを行きかう地元住民と思しき人々が身に着けている普段着からしてファッション雑誌から出てきたようなオシャレな人が多い。セレブな人たちが住む町に、苦手な酒を確かめに行く――いやおうなく押し寄せてくる“アウェー感”を振り払いつつ会場に向かうと、そこには「テキーラ・フェスタ2012」への入場を待つ人の行列があった。

 5分ほど行列に並んで会場内に入ると、筆者が他で見慣れた洋酒系の試飲会風景とはやはり何かが違う。くだけた服装の人が多いし、スタッフもカラフルな色のTシャツ姿だからかとも思ったのだが、あたりをよく眺めていると理由はそればかりではないらしい。来場者の構成は老若男女さまざまなのだが、他の試飲会で見かけるような「勉強しに来ました」的な人がほとんど見当たらず、みんなそこに楽しみにやってきているのだ。

石倉一雄
About 石倉一雄 128 Articles
Absinthe 研究/洋酒ライター いしくら・かずお 1961年北海道生まれ。周囲の誰も興味を持たないものを丹念に調べる楽しさに魅入られ、学生時代はロシアの文物にのめり込む。その後、幻に包まれた戦前の洋酒文化の調査に没頭し、大正、明治、さらに江戸時代と史料をあたり、行動は図書館にバーにと神出鬼没。これまでにダイナースクラブ会員誌「Signature」、「男の隠れ家」(朝日新聞出版)に誰も知らない洋酒の話を連載。研究は幻の酒アブサン(Absinthe)にも及び、「日経MJ」に寄稿したほか、J-WAVE、FM静岡にも出演。こよなく愛する酒は「Moskovskaya」。