食品安全情報(化学物質)

欧州が食品汚染の基準値改定

国立医薬品食品衛生研究所が集めた食品の安全性に関する国際機関や各国公的機関等の最新情報から。欧州委員会は、カビ毒やプロパノール類など食品汚染物質の最大基準値を改訂した。米国FDAは、食品に含まれる化学物質の安全性や暴露についての考え方を紹介している。 注目記事 【EC】食品汚染物質の最大基準値の改訂  欧州委員会が、食品に含まれるカビ毒(T-2およびHT-2、デオキシニバレノール)、3-モノクロロ […]
食品安全情報(微生物)

生鮮バジルでサルモネラ感染

国立医薬品食品衛生研究所が集めた食品の安全性に関する国際機関や各国公的機関等の最新情報から。米国で生鮮バジルに関連したサルモネラ感染アウトブレイクが複数州にわたって発生している。米国CDCは特定ブランドの生鮮有機栽培バジル製品の回収を開始し、回収対象バジル製品を喫食、提供、販売しないよう呼びかけている。 注目記事 【米国】生鮮バジルに関連のサルモネラ  米国疾病予防管理センター(US CDC: C […]
食品スーパー月次業績

既存店売上高5%以上増19件

主要食品スーパーの2024年3月実績。2024年3月の食品スーパー(株式公開企業)の業績。既存店売上高では、データのある34件のうち31件が前年同月以上だった一方、3件が前年同月割れとなった。全店売上高では、データのある38件のうち34件が前年同月以上だった一方、4件が前年同月割れだった。 既存店売上高は、ベルク、ダイイチ、バローが2桁増。5%以上プラスとなったデータは19件あった。カスミの既存店 […]
スクリーンの餐

日本のナチュラルチーズの今

今回紹介する「フロマージュ・ジャポネ」は、2022年公開のNORIZO監督作品「Vin Japonais ヴァン・ジャポネ the story of NIHON WINE」の姉妹編にあたる、日本のチーズについてのドキュメンタリーである。前作同様、クラウドファンディングで集めた資金をもとに製作されている。
生鮮の市況(水産/東京都)

休市明けは買い気やや上向き

東京都中央卸売市場(東京都中央卸売市場豊洲市場水産農産品課)が発表した2024年4月第4週(2024年4月19日〜2024年4月25日)の概況より。 24日(水)が休市のため5日間の営業。鮮魚類の取扱数量は前週に比べ4%の減少。前年同期は2023年4月21日〜2023年4月27日。 1日平均取扱数量は総量1,098t(93%、114%)。
生鮮の市況(野菜/東京都)

ごぼう、ふき、たまねぎなど増

東京都中央卸売市場(東京都中央卸売市場大田市場業務課)が発表した2024年4月第4週(2024年4月19日〜2024年4月25日)の概況より。 開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。 1日平均入荷量は総量5,249t(前週比101%、前年同期比92%)。
生鮮の市況(果実/東京都)

アンデス熊本から茨城へシフト

東京都中央卸売市場(東京都中央卸売市場大田市場業務課)が発表した2024年4月第4週(2024年4月19日〜2024年4月25日)の概況より。 開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。 1日平均入荷量は総量1,094t(前週比103%、前年同期比95%)。