下半身系の切実なお悩みを女性レポーターに語ってもらったお話

食のビジネスのサイトでありながら、下半身の話題をずーっと続けておりますが、これからの健康食品通販を考える上では、私は捨て置けないお話だと思っておりますですよ。さて、今回はショーツのお話なんですが、またまた食からは遠ざかるものの、“伝え方”の勉強に、どうぞ。

「『おばあちゃんのもの』と思われたらオシマイです」

 排尿系のお悩みには、「尿がガマンできない」(ガマンできる時間が短くなる)というものと、女性には「尿をシメル力が弱まって、ちょっと漏れてしまう」ということがあるそうですね。今回は後者の方に関する商品の通販番組にかかわったときのことをお話します。

 女性の方々がこんな悩みお持ちだったとは、筆者はこの番組の仕事をするまで、まーったく知りませんでした! 身のまわりには母親もおばあちゃんもいましたし、結婚して妻もいますが、やっぱ男の耳には入ってこない情報というものはあるものですね。

 しかも、これが決して年をとってからのお悩みということではなく、20代からこれで困っちゃっている人もいるんですよ、ということがアンケートでわかっていたんです。年をとるごとに増える悩みではありますが、若い人にもそういう人はいる、ということでした。

 で、実はここがポイントなんですね。この商品のメーカーの人からも言われたのですが、「尿漏れは年をとったがための悩みでなく、若くても起こり得る悩みです」という点を、キッチリ押さえて番組を作ることが重要だったんです。つまり、見ている人に購入を促すために、「そんなもの買うのおばあちゃんみたい……」というイメージを払拭しないといけなかったんです。

「男はわかってないものなんですねー」

 そもそも、女性の方々は「おばあちゃん用のものは買わない」「同世代・若い人世代のものは買ってよい」と考えるものなんですね。とくに美に敏感だったり、そのための消費意欲もある方ならなおさらです。このとき、そういうことを教わったわけです。

 これ、男にとっては、聞けばわかる話、でも聞かないと気づかない話でありまして、「コレはすんごくイイこと聞いた~」と思いました。

 そう、年齢を問わず、ほとんどの女性は、周囲の男性が思っているよりも「老けてない」「もっと若いから」というおココロのようなのです!……こんな大事なこと、もっと早く聞いておけば、いろんな女性スタッフや知人とも、もっと仲良くできていたんじゃないかな~と思ったり思わなかったりする今日この頃(笑)。

 え? 知ってただろうって? ハイ、実は通常の番組作りの中では、「女性の視聴者は自分の実年齢より若い人に関する事柄に興味を持つ」ということは、テレビ業界にいてさんざん言われてきたことではありました。それ、ちゃんと覚えてたつもりだったんですけど、「商品を買うこと」についても同じだよな、ということは見落としていたのでした。

 そう。化粧品は、同じメーカーの商品でもいろいろなブランドがあって、しかもそれは世代別に用意されているのですね。また女性誌も世代別にごちゃごちゃといろんなものがあります。「どれも中身はそんなに違わないんじゃないの?」なんて思っちゃうのは男でして、それにはちゃんと理由があるのですね。たぶん、実年齢より1世代下をターゲットとした商品を選ぶ方が多いんではないでしょうか。

森畑たけし
About 森畑たけし 65 Articles
通販番組制作担当者 もりはた・たけし 1975年生まれ。通常のテレビ番組と通販番組を手がけて12年。ひと昔前、一段下に見られていた感のある通販番組とその市場の成長に驚くばかり。同時に「やっててよかった~」とありがたい食い扶持があることにホッ……。しかし、膨大なグルメ情報、健康情報、お得情報などを発信し続けていながら、本人は全く活用できていない。自分が通販アイテムを買って続けるなら髪関係だろうかと、毛根と〆切が気になる人。