• 懐かしさと新鮮さと……「もみじ屋」(東京・飯田橋)

    食って・走って・また食った [14]

     2012年5月19日

    「もみじ屋」(東京・飯田橋)

    名店「れもん屋」が同店スタッフたちによる後継店「もみじ屋」として復活

    飯田橋

    「れもん屋」を失った飯田橋

    天候不順とは言いながら、ときに晴れ上がった空を見上げると夏の足音が聞こえてくるようにも感じます。こうして一日、一日と暑くなってきて……。北海道出身の自分にとっては、もはや「ほぼ夏!」ですね。青空や美しい夕焼けを見れば、自分は飲めませんが飲める人にとっては「ビアガーデンが呼んでいる!」っていう感じでしょうか。僕らの世代では、「ナイターとビール!」っていう黄金パターンもいよいよ本番でしょう。みなさん、節電の夏、暑さを楽しみましょうね。

    「れもん屋」への愛

     大人になってから親しみを持った食べ物って、ないだろうか? 実家では食べつけなくても、世間では割とポピュラーだった、と気づくもの。自分にとっては、しゃぶしゃぶ、うなぎ、天ぷら、そしてお好み焼きがそうだった。

     とくにお好み焼きは、東京に出てきてから、大学時代に友人宅での飲み会やパーティーで食べるようになって、好物になった。それからは、外食でもおいしいお好み焼きを求めて食べ歩くように。関東風や関西風、いろいろ食べたけれど、いちばん好きだったのが飯田橋駅の線路沿いの「れもん屋」だった。

     目の前のでっかい鉄板で細切りキャベツをぎゅっと圧縮して焼く広島風。ソースをたっぷり含んだ生地が、食べた瞬間にふわり・とろりととろけ、そこからほろほろとキャベツがほぐれていくその食感に病みつきになり、学生時代から社会人になってからもずいぶん通った。

     ただ、ずっと超人気で予約不可の行列店だったから、暇と忍耐力がないと大好きなお好み焼きにありつけない。仕事を始めて忙しくなると、なかなか頻繁には行けなくなったが、それでも折に触れて通っていた。

     それが、昨年、いきなり「閉店する」という話になった。なんでも飯田橋駅の再開発のためらしい。近所の法政大学の学生をはじめとして大学生や社会人の長年のファンが多かったから、ほんとうに惜しまれつつの2011年2月の閉店だった。

     それからずっと「れもん屋」の味が恋しかった。

     おたふくソースの味、キャベツの甘み、たっぷりのそば……ソースの匂いを感じると考えてしまうのは「れもん屋」のこと。「ああ、『れもん屋』のお好み焼き、もう一度、食べたいなぁ」と、喉が鳴る、お腹が鳴る。自分にとってあれは、「広島焼き」ではなくて「あの味」だったのだ。

    「れもん屋」後継店「もみじ屋」が登場

    「もみじ屋」であの行列が復活

    「もみじ屋」であの行列が復活

     その「れもん屋」。ついに、このゴールデン・ウイーク前、名前を変えた後継店が飯田橋に出来た! という情報をキャッチして、早速、確かめに行ってみた。

     場所は、以前の「れもん屋」の店舗から数百メートル離れた東京大神宮の裏あたり。飯田橋駅から徒歩10分圏内の好立地に開店した、その名も「もみじ屋」さん!!

     行ってみると、並んでる、並んでる。「れもん屋」ファンの老若男女が行列を作っている。もう、うれしくなって、行列に加わることに。牛歩で進むこと数10分。いよいよお店へ突入!

     お店は「れもん屋」よりも広く、テーブル席も増えた。変わらないのは、店内の活気とおいしそうなあの匂いだ。

     早速注文。大好きな定番メニューがちゃーんと昔風の名前で出ている。うれしくなって勢いでオーダーしたのは、お好み焼きは「ミックス ソバ入」(1400円)で、鉄板焼きは「ぶた肉のしそ巻」(600円)、そして「つぶ貝」(600円)!

    1 2

    上荻吾朗

    編集者 かみおぎ・ごろう 1964年生まれ。北海道出身。週刊誌記者、漫画編集者を経て、WEB製作会社で勤務。震災後、通勤困難を経験して、メタボ対策のためにも、自転車通勤をするようになる。おいしいものを食べることが何より好きな健康チューネン。いかにも飲めそうなヒゲ面のくせに下戸。