増粘多糖類の話ですが、まずは糖のお話からの巻

増粘多糖類を使用したプリン
増粘多糖類を使用したプリン
増粘多糖類を使用したプリン
増粘多糖類を使用したプリン

突然始まる「現代素材探検隊」。ナゾの二人が気になる食品原料・添加物についてしゃべくります。

最初のお題は増粘多糖類

リョウ 「来たか。ごくろう」

タクヤ 「隊長、現代素材探検隊っていつ結成したんですか」

リョウ 「先週プリン買ったとき思い付いた」

タクヤ 「それと同時に私が隊員と」

リョウ 「左様」

タクヤ 「ではまず、読者のみなさまに自己紹介を……」

リョウ 「いいよそんなの。どうせ作者が思い付きでキャラ決めてんだから、紹介のしようもないよ」

タクヤ 「そんな。ミもフタもない……」

リョウ 「読者様に関係ないことなんだから、気にしなくてもよろしい」

タクヤ 「は。かしこまり」

リョウ 「で、調べてきたか? 今回のお題について」

タクヤ 「増粘多糖類、ですね。本読んで、専門家にも聞いてきました。でも何で増粘多糖類を探検することにしたんですか?」

糖だから甘いんじゃないのか

リョウ 「うむ。このプリンのラベルを見ろ。原材料名のところに『ゲル化剤(増粘多糖類)』と書いてある。デザートに買ったこっちのゼリーにも『増粘多糖類』とあるぞ。しかも、このゼリーはなんと『ゼラチン』が入っていない。たぶん、増粘多糖類というものが、このプリンとゼリーを固めているものだと思うんだが、プリンは卵で固めるもの、ゼリーはゼラチンで固めるものじゃなかったのか?」

タクヤ 「なるほど。プリンはデザートじゃないんですか?」

リョウ 「これは食い物なのか? 増粘多糖類っていうのは」

タクヤ 「表示から言えば食品添加物ですね。増粘多糖類にはいろんなものがあるんですが、だいたいは食べ物と言っていいでしょう」

リョウ 「多糖類って、糖類っていうぐらいだから甘いんだろう?」

タクヤ 「あー、そこ行きますか。最初から脱線っぽいな」

リョウ 「わからないことを聞いて悪いのか」

タクヤ 「ざっくり説明しましょ。甘い糖の代表は単糖と二糖というものです」

リョウ 「担当と二等か」

タクヤ 「字が違います。単糖はいちばん単純な糖で、ぶどう糖とか果糖とかがそうです」

リョウ 「スルーしやがった」

タクヤ 「二糖は単糖が2つくっついたもので、ショ糖に乳糖に」

リョウ 「初等。ケーキ入刀」

タクヤ 「聞いてます?」

リョウ 「ああ。聞いてる聞いてる。メーカーが『入ってるよ♪』と自慢するオリゴ糖ってあるけど、あれはどっちだ。一等か二等か」

タクヤ 「オリゴ糖は単糖でも二糖でもなくて、単糖が3~10個ぐらいつながったものです」

リョウ 「つまり、単糖は独身者、二糖はカップル、オリゴ糖はグループ交際みたいなもんだな」

タクヤ 「理科の人からツッコミが入りますから、テキトーなたとえはやめてください。グループ交際ってなんですか?」

単糖たくさんで激甘じゃないのか

リョウ 「ふ~ん。水あめはどれなのかな」

タクヤ 「スルーされた」

リョウ 「当ててやろう。あれはオリゴ糖だろう」

タクヤ 「ブブー違います。水あめは糖アルコールというものです」

リョウ 「うそつけ。水あめなめて酔っ払ったなんて話聞いたことないぞ」

タクヤ 「あ、隊長。アルコールの意味わかってないでしょ?」

リョウ 「アメリカのバイオ燃料作ってる工場のおっさんが『アルコールは酔っ払って頭が痛くなる物質だ。わかったか!』って言ってた。アルコールの意味っていうのはそういうことだ」

タクヤ 「ブブー。それはエチルアルコールのことです。アルコールというのは、エチルアルコールよりも範囲の広いある種の有機化合物の総称です」

リョウ 「メチルアルコールというのもあるな」

タクヤ 「酸素分子と水素分子が1個ずつくっついたOHを水酸基と言います」

リョウ 「おー!」

タクヤ 「その水酸基が入っている有機化合物をアルコールって言うんですよ」

リョウ 「あ! 台所洗剤で『高級アルコール系』って書いてあるのがあるな。どんな銘酒で作ってるんだと思ってたけど、あれってそういう意味のアルコールか」

タクヤ 「ピンポン♪ でぇ、糖の一部が水酸基になっているやつが、糖アルコールです」

リョウ 「ざっくり言ったけど、大丈夫か?」

タクヤ 「ははは(汗)。糖のカルボニル基を還元して水酸基になっているわけでして、カルボニル基というのは……」

リョウ 「あ、オレその先わかんないからいいや」

タクヤ 「まじか」

リョウ 「で、今日何の話だったっけ?」

タクヤ 「えー! 増粘多糖類の説明に来たんですけどぉ!」

リョウ 「あ、そうだった」

タクヤ 「糖についてちょっと説明しましたが、単糖がた~くさんつながったものが多糖というものです」

リョウ 「あ、それオレ知ってるゾ。オリゴ糖だろ」

タクヤ 「さっき説明したんだし。でも、オリゴ糖っていうのは、単糖が3~10個、って言いましたよね」

リョウ 「ああ」

タクヤ 「多糖というのは、それよりもっとたくさんつながったものです」

リョウ 「糖がたくさんだと、むちゃくちゃ甘そうだな」

タクヤ 「いえ、世の中そんな甘くないです」

リョウ 「『単糖連合・男威死苦!』と、書いてみた」

タクヤ 「うわ。うっとうしい」

About 北遥 41 Articles
もの書き稼業 きた・はるか 理科好きの理科オンチ。