米豪の食品安全システム同等

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.12(2017.06.07)を発表した。

注目記事

【英国食品基準庁】豚肉は肉汁が透明になるまで加熱して

 英国食品基準庁(UK FSA: Food Standards Agency, UK)は、豚肉の十分な加熱調理について消費者に再度注意を呼びかけている。FSAは、豚肉のカット肉、豚肉製品および臓物について、全体から蒸気が出てピンク色の部分がなくなり、かつ肉汁が透明になるまで十分に加熱するよう常に推奨している。

 この推奨の遵守により、食品由来細菌やE型肝炎ウイルス(HEV)などのウイルスによる疾病のリスクが低減する。十分に加熱された豚肉・豚肉製品の喫食によるE型肝炎ウイルス感染のリスクは低い。

 E型肝炎は、動物・ヒトの双方が罹患し得る肝疾患である。ほとんどの人では無症状のままウイルスが消失するが、免疫系が抑制された状態の人では感染を阻止することが難しく、肝炎が慢性化する可能性がある。

【米国食品医薬品局】米国と豪州の食品安全システムは同等と認定

 米国食品医薬品局(US FDA: US Food and Drug Administration)はオーストラリア農業水資源省(DAWR)と共に、両国の食品安全システムが同等であることを認定する協定に署名した。FDAが他国の食品安全システムを自国と同等であると認定したのは、2012年のニュージーランド、2016年のカナダに続いて今回が3カ国目である。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.12(2017.06.07)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2017/foodinfo201712m.pdf

今号の目次

【世界保健機関(WHO)】
1. 汚染食品による小児の下痢性疾患

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. 米国食品医薬品局(US FDA)がオーストラリアの食品安全システムを米国と同等であ
ると認定

【欧州疾病予防管理センター(ECDC)】
1. 迅速リスク評価:アフリカ東部地域(“アフリカの角”)およびアデン湾でのコレラ患者
数の増加 - 欧州連合(EU)/ 欧州経済領域(EEA)住民へのリスク

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and
Feed)

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. 英国食品基準庁(UK FSA)が豚肉および豚肉製品について注意喚起
2. 英国食品基準庁(UK FSA)での情報科学の利用に関する科学報告書

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報