農林・水産

2010年食の10大ニュース[5]

2010年12月29日 コロ

「2010年食の10大ニュース」、3日目は、元ハーレーダビッドソンジャパン社長の奥井俊史さん、宮城大学教授の三石誠司さん、そして穀物関係機関勤務のコロさん(匿名)からいただいた記事をご紹介します。

mementos of FoodScience
コロのGM早分かり

除草剤グリホサートに耐性のある植物の自然への影響は?

2008年9月1日 コロ

こんにちは、コロです。前回は除草剤グリホサート耐性の遺伝子組換え作物はどのようなものなのかをお話しました。そして、その除草剤グリホサートはどんな植物でも枯らせてしまうとても恐い除草剤に思えますが、実はそうではないということも説明しました。今回は、除草剤グリホサートに耐性のある植物 […]

mementos of FoodScience
コロのGM早分かり

毒性が低い除草剤グリホサートのしくみ

2008年7月7日 コロ

こんにちは、コロです。現在、商業的に栽培されていて、日本も含め世界中で食品や飼料などとして利用されている遺伝子組換え作物の主なものには「害虫抵抗性」のものと「除草剤耐性」のものがあります。害虫抵抗性がどのような仕組みなのかをお話しましたので、今回からは、除草剤耐性の遺伝子組換え作 […]

mementos of FoodScience
コロのGM早分かり

抵抗性害虫の発生を防ぐ「緩衝区」のメカニズム

2008年6月9日 コロ

こんにちは、コロです。前回は、Btたんぱく質が効かなくなる抵抗性害虫の出現というリスクを回避のために、緩衝区という、ただ単にBtたんぱく質を持っていない作物を植えるだけの、簡単で有効な手段を持っていることをお話しました。今回は、どうして緩衝区から出てきたたくさんの害虫によって、抵 […]

mementos of FoodScience
コロのGM早分かり

Btたんぱく質が効かなくなる害虫抵抗性の出現とは?

2008年5月12日 コロ

こんにちは、コロです。前回は、現在商業化されている遺伝子組換え作物に導入されている性質のひとつである害虫抵抗性のメカニズムについて解説し、害虫には殺虫効果があるBtたんぱく質が、人などの動物の健康にはまったく影響がないことをお話ししましたね。わかりやすかったでしょうか?そろそろ暖 […]

mementos of FoodScience
コロのGM早分かり

有機栽培にも役に立っていた害虫抵抗性GM作物の導入遺伝子

2008年4月7日 コロ

はじめまして、コロと申します。遺伝子組換え(GM)技術や、それを応用して育種された作物は、食糧増産、土壌劣化や水不足、地球温暖化などの環境変化への解決策の1つとして、大いに期待されています。しかし、科学的な説明が十分にされていないため、とても分かりにくく、議論も滞りがちです。私た […]