2020年8月25日(火)の暦

8月第4火曜日で、働く多くの人にとって給与支給日。月齢は6.01、小潮。旧暦の7月7日に当たります。七十二候は処暑初候、綿柎開(わたのはなしべひらく)の第3日。

季節と行事

2020(令和2)年8月25日 8月第4火曜日
月齢:6.01 潮名:小潮

綿柎開(わたのはなしべひらく/処暑初候)第3日

旧暦(天保暦):2020年7月7日=庚子/甲申/庚子
暦注:先勝 一粒万倍日


「日本外食新聞」(外食産業新聞社)発売日

【あわび】おいしいあわびはクロアワビですが、漁獲量が減り、同様においしいエゾアワビの養殖が各地で行われています。身と殻の間にスプーンを差し込んで外し、肝の部分を切り離してスライスして刺身にします。肝はさっと湯がいてからたたいて醤油と合わせ、これに刺身を付けて食べます。ステーキや獲れたてを殻ごと焼くのも美味。日本産の干し鮑は昔から今でも鱶鰭(ふかひれ)や煎海鼠(いりなまこ)と並んで大陸で人気のある高級食材です。

世界の暦

民国紀元109年 庚子7月7日 星期二

ユリウス暦2020年8月12日

カトリック:聖王ルイ9世 聖ヨセフ・カラサンス司祭

イスラム教:ヒジュラ暦1442年ムハッラム(Muh/第1月)6日

●2022年8月25日(木)の暦へ →