小津安二郎のうまいもの(2)「麦秋」~ハレとケの相克~

「麦秋」の記念撮影(絵・筆者)
「麦秋」の記念撮影(絵・筆者)
「麦秋」の記念撮影(絵・筆者)
「麦秋」の記念撮影(絵・筆者)

映画の中の食を鑑賞するコラムの第3回。小津安二郎の作品に登場する食べ物についての2回目は、後に名コンビと謳われた小津監督+原節子主演の一作「麦秋」の食事を取り上げる。

 今回取り上げる「麦秋」は、日本映画の黄金時代である1951年に製作され、なみいる強敵を抑えてキネマ旬報ベストテン第1位を獲得している。この時期は小津自身も円熟期を迎えており、「晩春」(1949)、「東京物語」(1953)とあわせ、主演の原節子の役名にちなんで「紀子三部作」と称される名作中の名作である。

移動撮影の意味

「麦秋」(1951、日本)

 前回、小津作品の特徴の一つとして固定画面を挙げたが、本作は例外的にドーリー(移動車)による縦移動・横移動を多用した異色作である。原節子と三宅邦子が会話する砂浜の場面では、小津作品唯一のクレーンショットも見られる。

 これはストーリー展開と無縁ではないと思われる。鎌倉に居を構える今でいうところの「三世代同居」の間宮家が、娘の紀子(原節子)の結婚を契機として、祖父母の周吉としげ(菅井一郎と東山千栄子)は大和の本家へ、紀子は夫の矢部(二本柳寛)の転勤先である秋田へ、兄の康一(笠智衆)は東京の大学病院から鎌倉で医院を開業と、それぞれが新しい道を歩み出す。その一家が離散していく将来を際立たせるかのように、カメラはクライマックスの有名な記念撮影の場面で間宮家の人々が意図的に動きを止めるまで、動き続けるのである。

ショートケーキが契機?

 ホームドラマの原型となった小津作品だけに、冒頭の出勤前の慌ただしい朝食の場面をはじめとして食事のシーンは多数登場するが、本作品においては“ハレ”(非日常)としての菓子と“ケ”(日常)としての食卓がそれぞれに明確な役割を与えられ、紀子の縁談を軸に展開する物語と密接に結びついている。

 たとえば、丸の内の貿易会社に勤めるOLの紀子が銀座の千疋屋でショートケーキを買ってきて兄嫁の史子(三宅邦子)とテーブルを囲む二度目の場面。ここでは兄の同僚の矢部が訪ねてきて思わぬご馳走にあやかることになるのだが、紀子と矢部がお互いの縁談について探り合いを演じたり、900円(現代の価格に換算すると約1万円)という値段に腰が引けて食が進まない史子のケーキに矢部が手を出そうとしたり、不意に起き出した子供の目に触れないようにケーキを隠すという大人げない振舞いを演じたりというコミカルな雰囲気を通じて、後に紀子が縁談を断って矢部の元に嫁ぐ契機となる重要な小道具としてショートケーキが使われている。

 つまり、冒頭の朝食やラスト近くの一家でとる最後の夕食等のケの場面が現状を保守する儀式的な色彩を帯びているのに対し、ショートケーキ等のハレの場面は人を新たな運命へと向かわせる「甘い誘惑」として機能しているのである。

rightwide
About rightwide 155 Articles
映画ウォッチャー 埼玉県出身。子供のころからSF映画が好きで、高校時代にキューブリックの「2001年宇宙の旅」を観たところ、モノリスに遭遇したサルの如く芸術映画に目覚め、国・ジャンルを問わない“雑食系映画ファン”となる。20~30代の一般に“青春”と呼ばれる貴重な時をTV・映画撮影現場の小道具係として捧げるが、「映画は見ているうちが天国、作るのは地獄」という現実を嫌というほど思い知らされ、食関連分野の月刊誌の編集者に転向。現在は各種出版物やITメディアを制作する会社で働きながら年間鑑賞本数1,000本以上という“映画中毒生活”を続ける“ダメ中年”である。第5回・第7回・第8回の計3回、キネマ旬報社主催の映画検定1級試験に合格。第5回・第6回の田辺・弁慶映画祭の映画検定審査員も務めた。