Pasco「ゆめちから入り食パン」をリニューアル

「ゆめちから」のシンボルマーク
「ゆめちから」のシンボルマーク
ゆめちから入り食パン
ゆめちから入り食パン
Pascoの「ゆめちから」使用製品
Pascoの「ゆめちから」使用製品
「ゆめちから」のシンボルマーク
「ゆめちから」のシンボルマーク

Pasco/敷島製パン(名古屋市東区、盛田淳夫社長)は、北海道産超強力小麦を使用する「ゆめちから入り食パン」をリニューアルする。また、「ゆめちから」のシンボルマークを制作。自社「ゆめちから」使用商品のパッケージに表示する。

新「ゆめちから入り食パン」は、1月25日、東北・関東・中部・近畿・中国・四国地区で発売する。

Pascoの「ゆめちから」使用食パンは、2012年6月に1カ月間限定で発売し、2013年4月から通年販売を開始した。2013年6月には、地域限定で販売しているフランスパン(バゲット=中部・近畿・中国地区のみ、バタール=中部地区のみ)で使用する小麦粉の一部を「ゆめちから」に変更。2013年9月には「ゆめちから」使用のベーグル「MY BAGEL」(マイベーグル)シリーズ4種類を発売。2013年11月には食卓ロール「ゆめちからブランロール」を発売した。

「ゆめちから」を使用したパンはもっちりとした食感が特徴。その特性がクラスト(耳)にやや強めの噛みごたえを生んでいたが、リニューアルではもっちりを向上させながら耳を軟らかく仕上げた。

また、北海道産の生クリームとバターを増量し、さらに全粉乳とバターミルクパウダーを加え、乳製品のコクを加えた。

1月25日~4月10日までの期間実施する春のキャンペーンの対象商品に「ゆめちから」を使用した商品も加えて訴求する(地域限定商品のバゲット、バタール除く)。

「ゆめちから」のシンボルマークは2月1日から「ゆめちから」使用商品に表示する。このマークは他社も使用できるアイコンとしてライセンスフリーで提供する。

「ゆめちから」は、農研機構北海道農業研究センターが開発した、グルテンを作るタンパク質が多く含まれる超強力小麦。日本で多く作られている中力小麦とのブレンドにより高い製パン適性を示すほか、中華麺やパスタなどにも適する。

【商品概要】

商品名:ゆめちから入り食パン(リニューアル)
発売日:2014年1月25日
販売エリア:東北・関東・中部・近畿・中国・四国地区
ラインナップ:4・5・6枚スライス、4枚スライス2枚入、6枚スライス3枚入 ※5枚ス
ライスは中部地区以西のみ
販売店:量販店、コンビニエンスストア
参考小売価格:2枚入220円(税別)、3枚入110円(税別)
販売計画:5千万円(月間)、「ゆめちから」を使用した商品全体で2.8億円(月間)