食品安全情報(微生物)No.11(2012.05.30)

国立医薬品食品衛生研究所は、2012年6月4日、食品安全情報(微生物) No.11(2012.05.30)を発表した。インドネシア産で米国企業が通信販売で出荷したテンペ用微生物資材のサルモネラ汚染が問題になっている。FDAは韓国産貝類についてヒトの糞便に暴露し、ノロウイルスに汚染されている可能性を指摘した。

注目記事

【US FDA】【CFIA】【FSANZ】酵母のサルモネラ汚染

 米国Indonesianfoodmart.com社(メリーランド州Rockville)が通信販売で出荷したインドネシア産テンペ用微生物資材にサルモネラ汚染の可能性があり、回収されている。

 回収対象は、すべてのパッケージの「Tempeh Starter Yeast」および「Super Starter Yeast」で、通信販売で全米および国外(オーストラリア、カナダ、スロベニア、ニュージーランド、ブルネイ・ダルサラーム、ポーランドおよびクロアチア)に出荷された。

 米国食品医薬品局(US FDA)、カナダ食品検査庁(CFIA)、オーストラリア・ニュージーランド食品基準局(FSANZ)が同製品を使用しないよう注意喚起を行っている。

※テンペはインドネシアでよく作られるダイズ加工品。ゆでたダイズにカビの一種を含む麹をふりかけて醗酵させて作る。欧米でもエスニック料理やベジタリアニズムに関心のある消費者の間でとくに広まっている。問題の製品はこれに用いる材料。

【US FDA】韓国の貝類認可出荷業者を複数州間認可貝類出荷業者リストから除外

 米国食品医薬品局(US FDA)は、韓国貝類衛生プログラム(KSSP)が米国貝類衛生プログラムに規定された衛生対策の条件を満たしていないとして、韓国の貝類(カキ、二枚貝、ムール貝およびホタテガイなど)の認可出荷業者のすべてを複数州間認可貝類出荷業者リスト(ICSSL:Interstate Certified Shellfish Shippers List)から除外した(2012年5月1日)。

 重要な問題としている点は以下。
a. 貝類の養殖水域に影響をおよぼす可能性のある陸上汚染源の管理が不十分
b. 貝類の養殖水域およびその付近で営業している養魚場および漁船からのヒトの糞便の排出予防の対策が不十分
c. 評価期間中にFDAが分析を行った貝類養殖水域からのノロウイルスの検出

【EC DG-SANCO】

 注意喚起情報(Information for Attention)として、世界各地の農産物、加工食品のサルモネラ汚染を、具体的に列挙している。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html

食品安全情報(微生物)No.11(2012.05.30)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2012/foodinfo201211m.pdf

今号の目次

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. サルモネラ汚染の可能性がある輸入酵母製品を回収
2. 韓国産貝類に関する食品卸売業者・小売業者・食品提供施設経営者向け重要情報

【米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS)】
1. 米国農務省による食肉・家禽肉のラベル表示承認手続きの合理化

【米国農務省動植物衛生検査局(USDA APHIS)】
1. 米国で確認された牛海綿状脳症(BSE)に関する更新情報

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. 生のマグロ製品に関連して複数州にわたって発生しているサルモネラ(Salmonella BareillyおよびSalmonella Nchanga)感染アウトブレイク(更新情報)
2. 小型のカメに関連して複数州にわたって発生している5件のサルモネラ感染アウトブレイク

【カナダ食品検査庁(CFIA)】
1. サルモネラ汚染の可能性がある酵母製品に関する注意喚起

【欧州委員会健康・消費者保護総局(EC DG-SANCO)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 食品と飼料の安全性に関するEFSAの危機管理と緊急時対応についての年次報告書(2011年)
2. 動物由来食品を材料として含む一部の複合食品による公衆衛生リスクに関する科学的意見

【ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)】
1. 2011年に発生した腸管出血性大腸菌(EHEC)アウトブレイク

【オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)】
1. 欧州連合サルモネラリファレンス検査機関(EURL-Salmonella)が主催したサルモネラ属菌タイピングに関する第15回検査機関比較調査(2010年)

【オーストラリア・ニュージーランド食品基準局(FSANZ)】
1. テンペ用酵母製品に関する注意喚起

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報