欧州のカンピロバクター管理

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.14(2018.07.04)を発表した。

注目記事

【英国】英国の小売チェーンの検査では鶏の3.8%が最高レベルのカンピロ汚染

 英国食品基準庁(UK FSA: Food Standards Agency, UK)発。英国市場でシェア上位の小売チェーン9社が、英国産生鮮丸鶏のカンピロバクター汚染に関する最新の検査結果を公表した(検査は2018年1~3月に行われた)。

 これによると、主要な小売チェーン9社の平均で、検査した丸鶏検体の3.8%が最高レベル(>1,000CFU/g)のカンピロバクター汚染を示した。前回の検査時(2017年10~12月)にはこの値は3.6%で、主要小売チェーンが初めて自主的に検査を行った時(2017年7~9月)には4.6%であった。

 FSAは、フードチェーン全体を挙げてカンピロバクター問題に取り組む活動の一環として、2014年2月から鶏肉のカンピロバクター汚染検査とその結果の公表を実施している。2017年9月21日、FSAはカンピロバクター汚染検査の方法の変更を発表し、主要な小売チェーンはFSAが定めたプロトコルに従って自主検査およびその結果の公表を行うことになった。

【ドイツ】カンピロによる腸炎患者は報告あるもので7万人

 ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR: Bundesinstitut für Risikobewertung)は、鶏卵のカンピロバクター汚染に関する知見を整理し、感染を予防する方法について助言を行っている。

 ロベルト・コッホ研究所(RKI)には、カンピロバクターによる腸炎患者が毎年およそ7万人報告されており、報告患者数は今後、若干増加すると予想される。また報告患者に加えて、膨大な数の未報告患者が実際には存在している。

 カンピロバクターは通常は鶏の腸管に由来する細菌で、鶏の腸管内に生息するが鶏に被害を及ぼすことはない。カンピロバクターは主に加熱不十分な鶏肉を介してヒトに伝播する。鶏卵を介したカンピロバクター感染のリスクは鶏肉よりはるかに低いと推定されるが、カンピロバクターを含む鶏の糞便が卵殻に付着し、これを介して感染が広まる可能性がある。したがって、食品事業者は、生産および包装工程における衛生対策により、鶏の糞便による鶏卵汚染を低減すべきである。

【デンマーク】カンピロ感染患者の半数は国外感染

 デンマーク国立血清学研究所(SSI: Statens Serum Institut)によると、デンマークでは2016年にカンピロバクター属菌感染患者が計4,678人(人口10万人あたり82人)登録され、2015年より7%増加し過去最高となった。しかし2017年は登録患者数が減少して計4,243人(人口10万人あたり74人)となり、2015年を下回った。

 2016年は計2,294人(49%)の患者について旅行に関する情報が得られ、このうち896人(39%)が国外感染として登録された。2017年は計2,335人(55%)について旅行に関する情報が得られ、このうち1,093人(47%)が国外感染として登録された。国外旅行関連の患者の割合は2015年までは35%前後であったことから、この割合が2017年に著しく上昇したことがわかる。

 最も多くの患者が感染した国はタイ(218人)で、続いてスペイン(207)、トルコ(155)、インドネシア(137)、インド(88)、ギリシャ(82)およびモロッコ(74)の順であった。国外感染患者のこの国別分布は、当然ながら、デンマーク人の渡航先分布を反映している。

 カンピロバクター症のアウトブレイクは比較的まれである。デンマーク食品由来アウトブレイクデータベース(National Food Outbreak Database)には、2016年および2017年にそれぞれ3件および2件のカンピロバクター感染アウトブレイクが登録されている。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.14(2018.07.04)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2018/foodinfo201814m.pdf

今号の目次

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. カット済みメロンに関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Adelaide)感染アウトブレイク(2018年6月19日付更新情報)
2. Del Monte Fresh Produce社製の野菜盛り合わせ製品に関連して米国の複数州で発生しているサイクロスポラ症アウトブレイク(2018年)(2018年6月28日付更新情報)
3. 乾燥ココナッツに関連して複数州にわたり発生したサルモネラ(Salmonella Typhimurium)感染アウトブレイク(最終更新)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. 公衆衛生通知:ロメインレタスに関連して発生した大腸菌感染アウトブレイク(最終更新)

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 様々な集団への科学的不確実性の伝達に関して欧州食品安全機関(EFSA)加盟国を対象とし複数の言語で行われたオンライン調査

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. 市販丸鶏のカンピロバクター汚染レベルに変化は見られず:主要小売業者が英国産市販生鮮丸鶏のカンピロバクター汚染検査(2018年1~3月実施)の結果を公表

【ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)】
1. カンピロバクター:鶏卵を汚染する可能性がある細菌

【オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)】
1. バクテリオファージ:最新の知見、研究および応用

【デンマーク国立血清学研究所(SSI)】
1. 2016~2017年のデンマークのカンピロバクター感染症

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報