米国の農産物安全規則が始動

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.05(2018.02.28)を発表した。

注目記事

【米国食品医薬品局】農産物安全規則の大規模農場の遵守猶予が終わる

 米国食品医薬品局(US FDA: US Food and Drug Administration)の食品安全近代化法(FSMA:Food Safety Modernization Act)を実施するために定められた農産物安全規則(Produce Safety Rule)に関し、2018年1月26日は最初の主要な遵守猶予期限日(compliance date)であった。農産物安全規則では果物および野菜の安全な栽培・収穫・包装・保管に関する科学的根拠のある基準が初めて規定され、大規模農場についてはこの日が本規則の遵守猶予期限日であった。

 農場経営者および州の規制当局が今後のさらなるガイダンス・研修・技術的支援・計画立案支援等により必要なツールを確実に持てるようにするため、農産物安全規則に定められている定期立ち入り検査は2019年の春まで実施されない予定である。

 発芽野菜栽培業者は、特別に定められた必要条件の遵守をすでに義務付けられている。その他のあらゆる農場経営者については農場の規模に応じて遵守猶予期限日が定められており、小規模・極小規模農場の遵守猶予期限日は、それぞれ2019年および2020年に予定されている。

【米国疾病予防管理センター】クラトムでサルモネラ感染か

 米国疾病予防管理センター(US CDC: Centers for Disease Control and Prevention)と複数州の公衆衛生・食品規制当局、および米国食品医薬品局(US FDA)は、複数州にわたり発生しているサルモネラ感染アウトブレイクを調査している。

 患者の発症日は2017年10月13日〜2018年1月30日である。患者の年齢範囲は6〜67歳、年齢中央値は41歳で、16人が男性である。11人が入院したが、死亡者は報告されていない。

 疫学的エビデンスは、クラトム(kratom)が本アウトブレイクの感染源である可能性が高いことを示している。クラトムは、刺激効果を得るため、およびオピオイド(編集部註:ケシ由来の麻薬および同様の物質)の代用として摂取される植物である。患者に対し、発症前数カ月間の食品喫食歴およびその他の曝露歴について聞き取り調査が行われた結果、回答が得られた11人のうち8人から、クラトムの錠剤、粉末、または茶の摂取が報告された。

 CDCは、現時点ではいかなる形態のクラトム製品でも摂取を避けるよう助言している。現在までの調査の結果は、クラトム製品がサルモネラに汚染されている可能性があり、疾患の原因となり得ることを示している。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.05(2018.02.28)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2018/foodinfo201805m.pdf

今号の目次

【米国食品医薬品局(US FDA)】

1. 農産物安全規則の遵守について農場経営者は何を知っておく必要があるか

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】

1. チキンサラダの喫食に関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Typhimurium)感染アウトブレイク(初発情報)

2. クラトム(kratom)の摂取に関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella I4,[5],12:b:−)感染アウトブレイク(初発情報)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】

1. 公衆衛生通知 - パン粉付き冷凍生鶏肉製品に関連して発生したサルモネラ感染アウトブレイク(最終更新)

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG−SANTE)】

1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】

1. 欧州委員会(EC)指令2003/99/ECおよび施行に関する決定2013/652/EUの枠組における2017年の抗微生物剤耐性データの報告マニュアル

【アイルランド食品安全局(FSAI)】

1. アイルランド食品安全局(FSAI)の相談窓口が2017年に受けた食品関連の苦情は3,400件以上

【デンマーク国立血清学研究所(SSI)】

1. デンマーク抗微生物剤耐性モニタリングおよびリサーチプログラム(DANMAP)の2016年次報告書

【ProMed mail】

1. コレラ、下痢、赤痢最新情報