コロナ便乗の詐欺的製品やめろ

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(化学物質)No.11(2020.05.27)を発表した。

注目記事

【FTC】FTCはCOVID-19の予防や治療に有効だと立証されていない宣伝を止めさせるためさらに50の警告文書を送付

 米国連邦取引委員会(FTC)は、科学的根拠がなくFTC Actに違反している製品を販売する企業および個人に向けて、新たに50の警告文書を送付した。

※ポイント:米国食品医薬品庁(FDA)からの送付とともに、COVID-19に乗じた詐欺的な製品販売への警告は増すばかりです。日本国内でも消費者庁から注意喚起が出されていますので、ご紹介しておきます。

消費者庁:新型コロナウイルス予防効果を標ぼうする食品について(注意喚起)
https://www.caa.go.jp/notice/entry/019773/
https://www.caa.go.jp/notice/assets/representation_cms214_200501_1.pdf

【FAO/WHO/Codex】6月2日に#WorldFoodSafetyDay Twitterチャットに参加しよう

 国連のフードシステムサミットと国際農業開発基金(IFAD)が「World Food Safety Day」(WFSD)のためにTwitterチャットを2020年6月2日に開設する予定である。誰でも会話に参加でき、ハッシュタグは #WorldFoodSafetyDay と #WFSDchat である。Twitterで食品安全に関するいくつかの質問について自分たちの意見や経験を共有しよう。

※ポイント:6月7日に第2回WFSDを迎えます。WFSDは2018年に国連総会で決議され、「食品安全はみんなの仕事(Food safety, everyone’s business)」をテーマに、世界中のすべての人が食品安全のことを考え、学び、それぞれの役割を果たすための機会とする日とされています。

 今年はCOVID-19のために各地の記念イベントは開催されませんが、食品安全の意義とそのための自分の役割を改めて考える日としていただけると幸いです。

【WHO】ナノ物質暴露に関連する免疫毒性リスクを評価する基本原則と方法

 ナノ材料(Engineered nanomaterials: ENMs)はナノテクノロジー製品に広く応用でき、化粧品および食品のような消費者製品や遺伝子治療用のデバイスなどさまざまなものに利用されている。今回公表されたEnvironmental Health Criteria(EHC)244では、ENMsによる免疫毒性の原理と基本メカニズムに関する現時点での知見とエビデンスをまとめるとともに、各ENMsやそのグループによる免疫系へのハザード評価およびリスク評価のための原則と方法について記している。

【USDA】USDAのSECURE規則は農業革新への道を拓く

 米国農務省(USDA)は、植物保護法のもとでバイオテクノロジー規制を更新し近代化するための「持続可能、生態学的、一貫した、均一な、責任ある、効率的」(Sustainable, Ecological, Consistent, Uniform, Responsible, Efficient:SECURE)規則を公表した。この規則の目的は、規制緩和、革新を可能にすること、植物衛生保護の継続である。

 従来は遺伝子工学を利用した植物の開発に植物病害虫が使用されたのかをもとに規制していたが、新規則では開発方法ではなく開発された植物の特性に着目し、植物衛生にとって植物病害虫リスクを有する植物を規制対象とする。5月18日の官報に公表され、その18カ月後に発効する。

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(化学物質)No.11(2020.05.27)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2020/foodinfo202011c.pdf

今号の目次

【WHO】
1. IPCS:ナノ物質暴露に関連する免疫毒性リスクを評価する基本原則と方法

【FAO】
1. Codex

【EC】
1.年次食品偽装報告書2019
2. 査察報告書
3. 食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)

【EFSA】
1. 非対象脊椎動物の内分泌攪乱(ED)評価を支援するデータ収集
2. 食品中のオクラトキシンA:公衆衛生リスクが評価された
3. 2018年11月28日〜2019年12月5日までの期間中に行われた、GM食品/飼料の安全性評価を支持する毒性試験の評価のための予備作業の年次報告書
4. 食品(蜂の巣)として、また養蜂で使用される際のパラフィン及び/又はステアリン/ステアリン酸が異物混入した蜜蠟のリスク評価
5. いくつかの食品の成分、食品添加物加工デンプン、及びグルコースシロップの製造に使用される大麦デンプンについてのLyckeby Starch ABからの表示免除準拠通知に関する科学的意見
6. 新規食品関連
7. 食品添加物関連
8. 農薬関連

【RIVM】
1. 新生児のビタミンK予防法:政策準備解析

【ANSES】
1. オータムクロッカス(イヌサフラン)とワイルドガーリック(ラムソン)の誤認:中毒管理センターにより報告された中毒死亡例
2. グリホサートの発がん性研究:ANSESは追加の毒性試験を行うために選ばれた科学チームを発表

【FSAI】
1. EU法基準を超える化学物質移行のためNylonの台所用品各種を撤収措置

【FDA】
1. コロナウイルス(COVID-19)更新
2. USDAとFDAは食品供給チェーン保護を強化する
3. COVID-19パンデミック中の暫定的な規制緩和
4. リコール情報
5. 警告文書

【USDA】
1. USDAのSECURE規則は農業革新への道を拓く

【FTC】
1. FTCは「無料お試し」で人々を欺くオンラインサブスクリプションを止めさせる
2. FTCはダイエタリーサプリメントの誤解を招く宣伝に騙された消費者に総額850万ドル以上の返金小切手を送付している
3. FTCはCOVID-19の予防や治療に有効だと立証されていない宣伝を止めさせるためさらに50の警告文書を送付

【US GAO】
1. FDAとUSDAは細胞培養肉の監視準備に既存の努力を強化できる

【CFIA】
1. 食品安全検査報告

【FSANZ】
1. 食品基準通知

【TGA】
1. 低用量カンナビジオールの安全性レビュー
2. ミラクルミネラル溶液(MMS)
3. TGAのソーシャルメディア宣伝ガイド
4. 信用できない健康製品広告の見分け方
5. オーストラリア国内で合法に供給されるARTGのCOVID-19対応殺菌剤
6. 安全性警告

【NSW】
1. リコール情報

【MPI】
1. 貝のバイオトキシン警告-Pelorus SoundのNydia Bay

【香港政府ニュース】
1. マカオ、シンガポール政府より
2. 違反情報

【MFDS】
1.日本産輸入食品の放射能検査の結果
2. 加水分解醤油の含有量を確認しやすいように、食品表示の改善
3. 子供の食生活に関する安全情報公開の根拠を用意
4. 食薬処が私たちの子供の食を安全に
5.「家庭の月」の贈り物を購入する時の注意事項は?
6. オキアミ油製品、健康機能食品と誤認しないでください!
7. 食品、医療製品のオンライン販売、健全で安全に!
8. 自分に合う健康機能食品が購入可能になる
9. 回収措置

【FSSAI】
1. FSSAIはCOVID -19パンデミックの中食品事業を手助けする

【その他】
・食品安全関係情報(食品安全委員会)から
・(ProMED-mail)メタノール中毒 メキシコ
・(ProMED-mail)スコンブロイド魚中毒(ヒスタミン)-欧州:ベトナム産スウェーデン、マグロ