FDAがトランス脂肪削減へ対応開始

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(化学物質)No.23(2013.11.13)を発表した。

注目記事

【FDA】FDAは加工食品のトランス脂肪をさらに削減するために対応

 FDAは、部分水素添加油(PHO:partially hydrogenated oil)が食品に使用できるGRAS(一般的に安全だと認識される:generally recognized as safe)ではないとする予備的決定を発表した。これは、PHOに含まれるトランス脂肪の摂取が冠動脈心疾患のリスク増加と関連するという懸念を受けての決定である。

 連邦食品医薬品化粧品法の409条に基づき、意図的に食品に添加されるあらゆる物質は食品添加物であり、FDAによる市販前承認とレビューが必要であるが、いくつかの例外がある。この例外にGRAS物質があり、それらは意図される使用条件で資格のある専門家により一般的に安全と認められるものである。これまで最も広く使用されてきたPHOは、食品企業により長くGRASとみなされてきた。企業がある成分の使用をGRASと判断した場合は自主的にFDAに通知することはあるが、市販前にGRAS通知を提出する法的義務はない。

 米国におけるトランス脂肪への対策は、消費者がトランス脂肪を避け、食品製造業者が自主的に製品中のトランス脂肪含量を削減することで変化し、米国人のトランス脂肪摂取量は2003年の1日4.6gから2012年の約1gまで減少した。米国疾病予防管理センター(CDC)は、食品中トランス脂肪のさらなる削減が毎年7,000人の心疾患による死亡と20,000件の心臓発作を予防できると推定している。また米国では、2006年には食品にトランス脂肪を表示することが義務化されている。

 今回FDAにより発表された予備的決定については、トランス脂肪に関する追加データの収集と食品企業が製品の仕様を変更するのに必要な時間についての情報を得るために、パブリックコメントを60日間募集する。もしパブリックコメントを受けた後にFDAがPHOをGRASではないと決定した場合には、合成トランス脂肪を食品に使用することができなくなる(FDA承認が必要となる)ことを意味している。ただし、トランス脂肪は天然に肉および乳製品に含まれるため、トランス脂肪が完全になくなるわけではないことに注意が必要である。また製造工程で生じるのは避けられないため、完全水素添加油にも極微量存在する。

※ポイント:出張帰りの電車の中で「FDAがトランス脂肪酸全面禁止」という電光ニュースを見て驚きましたが、実際のところは、トランス脂肪を含む「部分水素添加油」はGRASに該当しないというFDAの決定案が発表されたというものでした。他にも、同じように「トランス脂肪が米国では禁止になる」という報道記事をいくつか見ましたが、トランス脂肪は天然にも存在するものなので食品中から完全に除去することはできず禁止は不可能ですし、今回の決定で対象にしているのはあくまでも「部分水素添加油」のGRAS認定ですのでご注意ください。また、トランス脂肪にともなって問題にされるのが、「飽和脂肪」の摂取についてです。部分水素添加油の代わりに常温でも固体のパーム油がよく使用されるようになりましたが、パーム油は飽和脂肪の含有量が多い植物油です。トランス脂肪だけでなく、飽和脂肪の過剰摂取も冠動脈心疾患のリスク増加と関連があるため、代替による過剰摂取の可能性についても注意が向けられています。

(安全情報部第三室)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html

食品安全情報(化学物質)No.23(2013.11.13)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2013/foodinfo201323c.pdf

今号の目次

【WHO】
1. 国際がん研究機関(IARC):SEMI-NUCプロジェクト:「Semipalatinsk核実験場近傍に住む人たちの前向きコホート研究-実現性評価」

【EC】
1. 水産物のヒスタミン規制改訂
2. 食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)

【EFSA】
1. アマランス(E123)の詳細暴露評価
2. 食品添加物としてのホウ酸(E 284)及び四ホウ酸ナトリウム(ホウ砂)(E 285)の再評価に関する科学的意見
3. EFSAはビタミンC及びマンガンの摂取基準値を発表
4. 健康強調表示関連
5. 新規食品成分関連
6. 動物飼料添加物関連
7. 標準サンプル定義ver. 2.0

【FSA】
1. ルーマニア産缶詰牛肉からウマDNAを検出
2. FSAはOxyElite Proについての警告を更新

【MHRA】
1. MHRAは人気のあるスポーツサプリメントOxyElite Proに関連する心臓と肝臓の問題について警告する

【RIVM】
1. 企業から提供された使用量を用いた燻製香料一次生産物の詳細暴露量評価:使用量データ収集のパイロット研究

【FDA】
1. FDAはスパイスの病原体及び異物のリスクプロファイル案を発表し、スパイス安全性強化に一歩踏み出す
2. FDAは加工食品のトランス脂肪をさらに削減するために対応
3. USPlabs LLC はOxyElite Proダイエタリーサプリメントをリコール;肝疾患と関連する製品
4. 公示
5. リコール:VegaはVega One 栄養シェイク及びVegaスポーツパフォーマンスプロテインを微量の抗生物質クロラムフェニコールを含むため自主回収

【USDA】
1. 事前表示認可システム:一般表示認可

【FTC】
1. FTCはHCG販売業者を詐欺的宣伝で起訴

【HDOH】
1. ダイエタリーサプリメント 情報を与えられた消費者になろう

【FSANZ】
1. 通知

【APVMA】
1. 制限付きフェンチオン使用許可発行

【TGA】
1. 安全性警告

【FSIC】
1. 消費者は重要な食品安全上の助言を無視している 最新研究が示す

【MFDS】
1. 報道資料 鉛(Pb)、基準を超過して検出された バングラデシュ産ウコン粉製品の回
収・廃棄措置
2. 説明資料(朝鮮日報「ポータブル放射能測定器、食品中の放射能には“効果なし”」報道関連)
3. 日本産輸入水産物の検査強化のために甘川港検査所新設
4. 健康機能食品のトレーサビリティ管理義務化、段階的導入
5. 龜尾(クミ(亀尾))、フッ化水素酸汚染の懸念地域の農産物など安全性調査の結果
6. 食品医薬品安全処 – 農食品部のコラボレーションで食肉加工産業の育成

【その他】
・食品安全関係情報(食品安全委員会)から
・(全米科学アカデミー:NAS)新しい報告書は無機ヒ素の多数の健康影響を評価するには既定の方法を超えてデータを基にしたアプローチを薦める