キンメ、カレイ、塩サケなど増

東京都中央卸売市場(豊洲市場水産農産品課)が発表した2019年11月第1週(11月1日〜11月7日)の概況より。

日ごとの動き

 4日(月)が休市のため5日間の営業。鮮魚類の取扱数量は前週に比べ19%の増加。

 1日平均取扱数量は総量1,450t(前週比121%、前年同期比94%)。このうち鮮魚類は688t(前週比119%、前年同期比84%)、冷凍魚類は332t(前週比130%、前年同期比131%)、塩干加工品は430t(前週比118%、前年同期比91%)。

11月1日(金) 月初めの取引、買い気はやや上向き。アジやイワシ、ブリ、メジ、サンマが保合など、相場全体では保合

11月2日(土) 連休前の取引、買い気はまずまず。サバやイワシが値を上げる一方、カツオやスルメが値を下げるなど、相場全体では小動き

11月5日(火) 連休明けの取引、買い気は低調。イワシやブリが値を上げるなど、相場全体では堅調

11月6日(水) 水曜市の取引、買い気は引き続き低調。アジやサバが値を上げる一方、スルメやブリ、サンマが値を下げるなど、相場全体では小動き

11月7日(木) 週半ばの取引、買い気は引き続き低調。イワシが値を上げる一方、アジやメジが値を下げるなど、相場全体では小動き

品目別の動き

アジ 中型が長崎、中小型は新潟や石川主体に入荷、前週に比べ数量は34%増加し、価格は中型、中小型ともに0.5割強安。

サバ 千葉主体に入荷、前週に比べ数量は24%増加し、価格は3.5割弱高。

イワシ 北海道主体に入荷、前週に比べ数量は18%減少し、価格は約0.5割高。

スルメイカ 北海道主体に入荷、前週に比べ数量はわずかに増加し、価格は約1割安。

カツオ 宮城主体に入荷、前週に比べ数量は39%増加し、価格は3.5割弱安。

生サンマ 岩手や北海道主体に入荷、価格はわずかに下落

ムキカキ は39%増加し、三陸産の価格は2割弱高。

主な水産物の市況(2019年11月第1週)

品目1日平均上場数量(t)前週比(%)前年同期比(%)主産地銘柄卸売価格(㎏/円)
マグロ35.712191各地8,599
海外3,822
メバチ63.5110113各地※冷凍1,031
アジ47.813465長崎486
新潟ほか中小475
サバ31.212479千葉575
イワシ18.982170北海道346
スルメイカ6.210331北海道1,179
冷スルメイカ7.636242各地-
サンマ82.112383岩手ほか464
北海道ほか解凍-
カレイ11.3147126北海道486
青森ほかマコ990
北海道アカ851
北海道アサバ527
ハマチ21.213782愛媛ほか野〆1,026
塩サケ20.114691北海道トキ2,484
北海道アキ972
タラ類1913383岩手ほか-
宮城ぶわ-
カツオ13.8139125宮城972
キンメダイ8.317381東京ほか2,765
ムキカキ8.613969三陸2,441
各地1,616
「各地※」は海外を含む。
豊洲市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場豊洲市場水産農産品課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/