気温上昇で週末需要が高まる

東京都中央卸売市場(豊洲市場水産農産品課)が発表した2019年3月第4週(3月22日〜3月28日)の概況より。

日ごとの動き

 27日(水)が休市のため5日間の営業。

 1日平均取扱数量は総量1,341t(前週比104%、前年同期比98%)。このうち鮮魚類は652t(前週比103%、前年同期比92%)、冷凍魚類は264t(前週比95%、前年同期比109%)、塩干加工品は425t(前週比111%、前年同期比102%)。

22日(金) 休市明けで週末を控え、買い気は上向き。サバが2〜4割、カツオが2割値を上げたため、相場全体では反発

23日(土) 荷薄続きに加え、気温上昇による週末需要の高まりにも支えられて総じて底堅い値動き。イワシが2〜3割値を上げたことに加え、アジが小幅上伸したため、相場全体では小幅続伸

25日(月) 週明けで荷動きは順調。サバが2割、スルメイカが1割値を下げたため、相場全体では小反落

26日(火) 買い気は今一つさえなかった。スルメイカが反発したものの、サバが小幅続落したたため、相場全体では小動き

28日(木) 入荷が増えたことに加え、週前半の高値疲れもあり下げ相場となる魚種が目立った。アジが2〜3割、サバが2割値を下げたため、相場全体では小幅下落

品目別の動き

アジ 中型が長崎、和歌山、中小型が石川、鹿児島主体に入荷。前週に比べ数量は29%減少し、価格は中型が2.5割高、中小型が4.5割弱高。

サバ 三重主体に入荷。前週に比べ数量は10%増加し、価格は1.5割強安。

イワシ 千葉主体に入荷。前週に比べ数量は15%減少し、価格は3割弱安。

スルメイカ 富山主体に入荷。前週に比べ数量は11%減少し、価格は2割強安。

カツオ 鹿児島、宮崎主体に入荷。前週に比べ数量は35%増加し、価格は0.5割高。

ムキカキ は17%減少し、三陸産の価格は1.5割安。

主な水産物の市況(2019年3月第4週)

品目1日平均上場数量(t)前週比(%)前年同期比(%)主産地銘柄卸売価格(㎏/円)
マグロ38.8114105各地5,770
海外2,837
メバチ61.88965各地※冷凍1,083
アジ36.27161長崎ほか810
石川ほか中小605
サバ39.3110145三重276
イワシ20.58550千葉266
スルメイカ9.88965富山834
冷スルメイカ2.55886各地-
サンマ5.8100116各地解凍-
カレイ19.39593北海道-
青森ほかマコ-
北海道アカ-
北海道アサバ-
ハマチ21.993118愛媛ほか野〆972
塩サケ18.112590北海道トキ2,484
北海道アキ972
タラ類12.186157青森ほか648
宮城ぶわ-
カツオ20.513571鹿児島ほか907
キンメダイ9.2146100東京ほか2,354
ムキカキ7.88389三陸1,033
各地1,098
「各地※」は海外を含む。
豊洲市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場豊洲市場水産農産品課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/