鮮魚類取扱量は前週比12%減

東京都中央卸売市場(豊洲市場水産農産品課)が発表した2019年3月第2週(3月8日〜3月14日)の概況より。

日ごとの動き

 13日(水)が休市のため5日間の営業。鮮魚類の取扱数量は前週に比べ12%の減少。

 1日平均取扱数量は総量1,236t(前週比86%、前年同期比95%)。このうち鮮魚類は585t(前週比88%、前年同期比93%)、冷凍魚類は262t(前週比76%、前年同期比100%)、塩干加工品は389t(前週比90%、前年同期比96%)。

8日(金) 週末の取引に入ったが、買い気は今一つ。ブリが1〜2割値を上げたことに加え、カツオとメジが共に小高かったため、相場全体でも小高い

9日(土) 休市前で入荷が減ったため、荷動きはやや好転。サバが3〜4割、カツオが1−4割値を上げた一方で、イワシが2〜3割、アジも1〜3割値を下げたため、相場全体では高安区々

11日(月) 週明けだが、入荷増と雨市で買い気は後退。アジが1〜3割値を上げた一方で、カツオが1〜3割、スルメイカが2割値を下げたため、相場全体では小動き

12日(火) 休市前で入荷が減り、荷動きはやや上向いた。スルメイカが小幅ながら値を上げたことに加え、メジも堅調であったため、相場全体では強保合

14日(木) 休市明けで天候がよく、買い気はまずまず。イワシが1〜2割、スルメイカが1割値を上げたため、相場全体では小高い

品目別の動き

アジ 中型が長崎、中小型が石川、新潟主体に入荷。前週に比べ数量は7%減少し、価格は中型が4.5割高、中小型が0.5割強高。

サバ 静岡、三重主体に入荷。前週に比べ数量は5%減少し、価格は0.5割強高。

イワシ 三重主体に入荷。前週に比べ数量は47%減少し、価格は2割高。

スルメイカ 長崎主体に入荷。前週に比べ数量は14%減少し、価格は0.5割高。

カツオ 千葉主体に入荷。前週に比べ数量は10%増加し、価格は2割弱高。

ムキカキ は5%減少し、三陸産の価格は0.5割弱高。

主な水産物の市況(2019年3月第2週)

品目1日平均上場数量(t)前週比(%)前年同期比(%)主産地銘柄卸売価格(㎏/円)
マグロ36.9103120各地7,115
海外3,407
メバチ72.584115各地※冷凍1,080
アジ53.793185長崎626
石川ほか中小392
サバ39.695142静岡ほか268
イワシ10.65321三重283
スルメイカ11.48673長崎877
冷スルメイカ1.910076各地-
サンマ510496各地解凍-
カレイ15.19294北海道-
青森ほかマコ-
北海道アカ-
北海道アサバ-
ハマチ20.910079愛媛ほか野〆972
塩サケ17.18396北海道トキ2,484
北海道アキ972
タラ類14.591141青森ほか-
宮城ぶわ-
カツオ18.3110136千葉691
キンメダイ7.899126東京ほか1,944
ムキカキ10.59581三陸1,051
各地1,098
「各地※」は海外を含む。
豊洲市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場豊洲市場水産農産品課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/