山梨もも出荷ピークで弱保合

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2019年7月第1週(6月28日〜7月4日)の概況より。

日ごとの動き

 開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。

 1日平均入荷量は総量1,421t(前週比113%、前年同期比109%)。

 前週比では、クインシーメロン、りんご、貴味メロンなどが減少したが、もも、アンデスメロン、アールスメロンなどが増加したため、13%の増加となった。

 前年同期比ではすもも、ぶどう、みかんなどが減少したが、アンデスメロン、すいか、りんごなどが増加したため、9%の増加となった。

 市況は前週比、前年同期比ともに区々となった。

品目別の動き

みかん 佐賀県を中心に愛知県等から入荷し、前週比12%の増加となった。佐賀県産の価格は弱含みとなった。

りんご 青森県を中心に入荷したが、前週比8%の減少となった。青森県産「ふじ」の価格は強保合となった。

もも 山梨県を中心に和歌山県等から入荷し、山梨県産「日川白鳳」の出荷が始まり出荷ピークに入り、前週比187%の大幅な増加となった。山梨県産の価格は弱保合となった。

ぶどう 山形県を中心に島根県等から入荷したが、前年同期比15%の減少となった。山形県産「デラウエア」、岡山県産「アレキサンドリア」ともに価格は弱含みとなった。

アールスメロン 静岡県を中心に千葉県等から入荷し、出荷量は安定して多く前週比39%の大幅な増加となった。引合い強く、静岡県産の価格は強含みとなった。

貴味メロン 千葉県を中心に茨城県等から入荷したが、前年同期比6%の減少となった。茨城県産の価格は前年同期比で保合となった。

アンデスメロン 山形県を中心に茨城県等から入荷し、前年同期比74%の大幅な増加となった。茨城県産の価格は前年同期比で、弱保合となった。

こだますいか 茨城県を中心に和歌山県等から入荷したが、前週比4%の減少となった。出荷量が増えたため荷動きが鈍く相場は下落し、茨城県産の価格は弱含みとなった。

主な農産物(果実)の市況(2019年7月第1週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引品種産地単位(kg)価格
みかん3911293せりハウス佐賀0.35-
相対ハウス佐賀0.35385
りんご9392122せりふじ青森104,817
相対ふじ青森104,774
なし4-88せり幸水茨城5-
相対幸水茨城5-
もも17228795せり山梨53,537
相対山梨54,190
すもも40-81せり山梨0.5-
相対山梨0.5-
ぶどう3112885せりデラウェア山形2-
巨峰山梨0.351,004
アレキ岡山0.75-
相対デラウェア山形22,124
巨峰山梨0.351,059
アレキ岡山0.753,186
アールスメロン2413994せり静岡11,458
相対静岡11,512
貴味メロン589394せり千葉5-
相対千葉52,333
クインシーメロン1566109せり山形5-
相対山形5-
アンデスメロン56168174せり山形5-
相対山形51,879
すいか427119125せり山形13-
相対山形13-
こだますいか10596108せり茨城82,808
相対茨城82,009
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場豊洲市場水産農産品課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/