外食産業市場動向調査 2020年9月

前年クリアは洋風FFSのみ

日本フードサービス協会(JF)は2020年9月外食産業市場動向調査を発表した。全体(事業社数219、店舗数38,669店=97.3%)合計の売上高は86.0%と2桁の縮小。客単価は上昇し、客数は83.0%と2桁の大幅減。

ニュースクリップ 2020年10月26日(月)

ミニストップ職域小売に参入

●「ミニストップが開発したパッケージ(セルフレジや商流)をパートナー企業が展開可能な職域内に設置し運営」ミニストップはマイクロマーケットに進出します 名称:MINISTOP POCKET(ミニストップ・ポケット)(ミニストップ)

ニュースクリップ 2020年10月25日(日)

台湾の日本産農産物輸入が急増

●「背景には、コロナ禍で台湾に戻った多くの富裕層が、高級食材を求めていることがある。日本旅行がキャンセルになった消費者の中で日本食を楽しむ需要が高まったこともある」台湾で日本ブーム 野菜初の1万トン台 富裕層が消費けん引(日本農業新聞)

ニュースクリップ 2020年10月23日(金)

AHPND防疫専門家会議始動

●「沖縄県の陸上養殖施設におけるバナメイエビでのAHPND(急性肝膵臓壊死症)の発生を受けて、発生原因の究明や対応等について検討を行うため、『AHPND防疫専門家会議』を設置」AHPND(急性肝膵臓壊死症)防疫専門家会議の設置及び開催について(農水省)

ニュースクリップ 2020年10月22日(木)

紀ノ国屋が無人決済店舗を出店

●「目白駅店は、TTGにおいて無人決済システムの『外部導入1号店』となり、紀ノ国屋初の無人決済小型スーパーマーケットとして展開いたします」無人決済店舗「KINOKUNIYA Sutto目白駅店」10月16日(金)オープン(紀ノ国屋)