科学・法令

2011年食の10大ニュース[2]

海外の食品安全関連情報を紹介する「食品安全情報(化学物質)」の記事の中からピックアップしました。番号を付けていますが順不同です(執筆:登田美桜・畝山智香子)。 世界各国:東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて各国が対応 米国:食品安全近代化法(Food Safety Modernization Act)制定 台湾:食品及び飲料のフタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)汚染 ドイツ:飼料及び食品のダ […]

製造・物流

2011年食の10大ニュース[1]

放射性物質で大混乱(東日本大震災関連) 食料生産基地が大打撃(同上) 食品輸出「日本」ブランド崩壊(同上) 超円高:食料輸入にはプラス TPP交渉参加表明 FoodWatchJapanとFOOCOM.NET稼働 生食肉で食中毒 食品表示一元化検討会スタート GMOパパイヤ輸入開始 健康食品はますます元気

お知らせ

「2011年食の10大ニュース」をお送りします

 昨年好評をいただきました「食の10大ニュース」を今年もお送りします。  12月26日から31日までの毎日、2011年1年間の食のニュースの中で注目すべき、記憶すべきニュースを、FoodWatchJapanコラム執筆陣と、各方面の専門家に10項目ずつ選んでいただいています。  昨年同様、編集部で“総合”することはせず、執筆者お一人ずつのセレクトをそのままお送りします。それぞれの執筆者の視点の違いに […]

健康食品テレビ通販の現場からお伝えします 11

似たようなもの多くない!?

健康食品をさまざま見比べていると、「以前どこかで見た商品とものすごく似てるなぁ」ということありませんか? それはもしかしたら!「同じ」かもしれないのです!

再考・ワイン物流改善 35

均質・大量生産時代と原産地表示問題

今後、ワイン業界はビール業界のように均質な製品の大量生産が行われる時代に入っていくことも予想される。しかし、そうした時代にあっても、原産地の特徴と責任を明らかにする表示の整備は重要な課題になっていくだろう。

中国山東省
土を知る、土を使う 41

栽培現場ごとの土の事情(7)海外での農業(1)

栽培現場を7つに分類して説明する (1) 育苗培土(野菜苗を中心に) (2) 固形培地によるハウス栽培 (3) ハウスでの地床栽培 (4) 露地畑 (5) 水田での水稲 (6) 水田からの転作 (7) 海外での農業 農業生産を行う現場を7つに分類し、それぞれについて、土のあり方と栽培の実際について説明している。海外の土壌の特徴の第一は、スコップも歯が立たない固さ。それは化学的な理由による。