米国のトウモロコシ圃場
土を知る、土を使う 25

海外土壌と有機物(2)

日本の土壌と海外の土壌の違いの3回目。日本の圃場では堆肥などの有機物を多投しなければならない事情がある。海外の圃場ではその要求はないが、長年にわたって堆肥以外の有機物を施すことは行われてきた。

チェーン・ビジネスにおける業種・業態を区分する要因:15の整理
恢復するチェーン 6

業種・業態の分類(2)

企業内・企業間であるべき連鎖・連携について考え直す連載。このシリーズで言う「チェーン・ビジネス」の範囲と、一般に行われている業種・業態分類の特徴を見ている。今回は、対面販売かセルフサービスかでの区分と、ショップ/ストアか販売店/特約店かという呼称での区分について説明する。

お知らせ

「交叉する外食と農業の未来」の過去記事を公開しました

 外食産業向けに農業の話題をお届けするコラム「交叉する外食と農業の未来」(齋藤訓之)の過去記事を公開しました。  このコラムは、柴田書店のWebサイト「レストランニュース」(2009年3月31日をもって休止)で公開していたものです。外食産業に携わる方が農業とのかかわり方を考える際 […]

海外の圃場
土を知る、土を使う 24

海外土壌と有機物(1)

日本の土壌と海外の土壌の違いの2回目。日本では堆肥などの有機物を圃場に施すことが推奨されている。ところが、海外の圃場では堆肥を使うことは一般的ではない。一般に、それは無理であり、不要だからだ。

チェーン・ビジネスにおける業種・業態を区分する要因:15の整理
恢復するチェーン 5

業種・業態の分類(1)

企業内・企業間であるべき連鎖・連携について考え直す連載。今回から、このシリーズで言う「チェーン・ビジネス」の範囲と、一般に行われている業種・業態分類の特徴を見ていく。

「麦秋」の記念撮影(絵・筆者)
スクリーンの餐 3

「麦秋」~ハレとケの相克~

映画の中の食を鑑賞するコラムの第3回。小津安二郎の作品に登場する食べ物についての2回目は、後に名コンビと謳われた小津監督+原節子主演の一作「麦秋」の食事を取り上げる。