宮城県の被災圃場
土を知る、土を使う 特別編

東日本大震災における農業復興技術について

まずもって、今回の大地震で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 この原稿は農業技術の範囲において、今後の復興に向けてどのような可能性を持っているかを考えたものであることを、最初に明記しておきます。また、現場調査をしないでの意見であることも申し添えます。

Food Watch Japan
お知らせ

東北地方太平洋沖地震のお見舞いを申し上げます

東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 甚大な被害の知らせにはおののくばかりで、また事態は未だ進行中でもありますが、ともに一日もはやく、健やかで平穏な暮らしを取り戻したいと念じます。 今後の余震、津波、二次災害に十分警戒なさってください。 食関連産業の […]

技と絆でひらく 4

魚魚あわせ――楽しませ、知識を伝える知恵

「魚魚あわせ」という一風変わったカルタがある。水族館の飼育スタッフ、魚の研究者などが集まって作り、関西電力グループの環境関連事業を行う会社が販売している。何かを伝えたり、覚えてもらうためには、遊びとして組み立てることも有効だと考えさせられる。

図3
土を知る、土を使う 5

土の誕生プロセス

土は多様であり、とらえどころのない物質です。しかし、土がどのようにできるかを押さえておけば、土を理解する手がかりになります。そして、実際の圃場の調査や分析をする際に役立つ重要な基礎的知識になります。

技と絆でひらく 3

ユネスコ無形文化遺産に値する料理

売上げの伸びないハーレーダビッドソンのブランドを建て直し、日本で最も売れるオートバイに返り咲かせた立役者、アンクル・アウルこと奥井俊史氏が、食ビジネスを新しい視点で観察し、提言します。今回は「フランスの美食料理」ほかがユネスコ無形文化遺産に選ばれたことから、料理の文化的価値を考え […]