トピックス

ファミレスは4年連続の成長

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

日本フードサービス協会(JF)は2015年市場動向調査の年間結果を発表した。

全体の合計は、客単価が3.3%上昇して、客数は3.1%減。売上高は前年並み。店舗数は前年並みとなった。

年間の売上高が4年連続で前年を上回った業態が4つあった:ファミリーレストラン(103.8%)、ディナーレストラン(106.0%)、喫茶(102.5%)、その他(106.1%)。

とくにファミリーレストランは客数、客単価、店舗数ともに4年連続のプラス。

一方、年間の売上高が、ファーストフード(97.4%)は3年連続、パブレストラン/居酒屋(94.3%)は7年連続して前年を下回った。

JFでは、「2015年の外食需要は、年初の異物混入問題が“ファーストフード洋風”の売上に影響したが、ファミリーレストランの売上が引き続き堅調に推移したことから、年後半は回復基調となり、年間の売上は100.1%と前年を上回った。また、付加価値商品が支持されたことに加え、メニュー改訂に伴う価格改定などもあり、全体の客単価(103.3%)は1年を通してプラスとなった」としている。

事業所数(n=-)、店舗数(n=-)
全体 売上高 店舗数 客数 客単価
合計 100.1% 100.1% 96.9% 103.3%

ファストフード

ファストフードの合計は、客単価が3.2%上昇して、客数は5.6%減と不調。売上高もやや減。店舗数は減少傾向ながら前年並みとなった。

洋風は、客単価がやや上昇して、客数は9.2%減と不調。売上高も7.9%減と不調。店舗数はやや減少した。

和風は、客単価が10.5%上昇と2桁大幅アップして、客数は6.6%減と不調。売上高は3.2%増。店舗数はやや増加した。

麺類は、客単価が3.1%上昇したが、客数はやや増。売上高も6.0%増と非常に好調。店舗数はやや増加した。

持ち帰り米飯/回転寿司は、客単価がやや上昇して、客数は4.1%減。売上高もやや減。店舗数はやや減少した。

その他は、客単価がやや上昇したが、客数は前年並み。売上高もやや増。店舗数はやや増加した。

事業所数(n=-)、店舗数(n=-)
ファストフード 売上高 店舗数 客数 客単価
合計 97.4% 99.8% 94.4% 103.2%
洋風 92.1% 98.4% 90.8% 101.5%
和風 103.2% 101.0% 93.4% 110.5%
麺類 106.0% 101.9% 102.8% 103.1%
持ち帰り米飯/回転寿司 98.6% 98.7% 95.9% 102.7%
その他 102.4% 101.1% 100.9% 101.4%

ファミリーレストラン

ファミリーレストランの合計は、客単価がやや上昇したが、客数は前年並み。売上高も3.8%増。店舗数はやや増加した。

洋風は、客単価がやや上昇したが、客数はやや増。売上高もやや増。店舗数はやや増加した。

和風は、客単価が3.4%上昇したが、客数はやや増。売上高も5.8%増と非常に好調。店舗数はやや増加した。

中華は、客単価が3.7%上昇して、客数はやや減。売上高は前年並み。店舗数はやや増加した。

焼き肉は、客単価が4.6%上昇したが、客数は3.9%増。売上高も8.7%増と非常に好調。店舗数はやや増加した。

事業所数(n=-)、店舗数(n=-)
ファミリーレストラン 売上高 店舗数 客数 客単価
合計 103.8% 101.6% 100.9% 102.9%
洋風 102.9% 101.3% 101.2% 101.7%
和風 105.8% 102.6% 102.4% 103.4%
中華 100.7% 101.0% 97.2% 103.7%
焼き肉 108.7% 102.3% 103.9% 104.6%

パブ・居酒屋

パブ・ビアホールは、客単価が前年並みに推移したが、客数はやや増。売上高もやや増。店舗数はやや減少した。

居酒屋は、客単価が下降傾向ながら前年並みに推移したが、客数は6.8%減と不調。売上高も7.3%減と不調。店舗数は7.0%減と大きく減少した。

事業所数(n=-)、店舗数(n=-)
パブ・居酒屋 売上高 店舗数 客数 客単価
合計 94.3% 93.6% 95.0% 99.2%
パブ・ビアホール 102.4% 97.7% 102.1% 100.3%
居酒屋 92.7% 93.0% 93.2% 99.5%

ディナーレストラン

ディナーレストランの合計は、客単価が3.2%上昇したが、客数はやや増。売上高も6.0%増と非常に好調。店舗数は4.8%増となった。

事業所数(n=-)、店舗数(n=-)
ディナーレストラン 売上高 店舗数 客数 客単価
合計 106.0% 104.8% 102.7% 103.2%

喫茶

喫茶の合計は、客単価がやや上昇して、客数は減少傾向ながら前年並み。売上高はやや増。店舗数は前年並みとなった。

事業所数(n=-)、店舗数(n=-)
喫茶 売上高 店舗数 客数 客単価
合計 102.5% 100.9% 99.9% 102.6%

その他

事業所数(n=-)、店舗数(n=-)
その他 売上高 店舗数 客数 客単価
合計 106.1% 103.8% 102.3% 103.7%

●日本フードサービス協会
http://www.jfnet.or.jp/data/data_c.html

執筆者

FWJニュースデスク
FWJニュースデスク
新商品、新店舗、新事業などのニュースを書いています。