東電社長会見に学ぶことと東日本大震災の対策の提案

東日本大震災の後、気付いたこと、考えたことをいくつか書いてきた。その後、復興について各界からさまざまな提案がなされているが、今回は私なりに考えたことをお伝えしたい。また、先頃行われた東京電力社長の記者会見から学ぶことをお伝えする。

東電社長の発言の特徴

 復興への提案の前に、本論とは別な話題として、先頃行われた東京電力清水正孝社長の記者会見について、問題点を指摘しておきたい。企業の広報活動の参考になるからだ。

※原文はasahi.com 2011年4月14日の記事から引用した。

「衷心よりお見舞いを申し上げます」「大変なご迷惑とご心配をおかけした」「心より深くおわび申し上げます」

 常套句。形式的な言葉。お詫び会見では誰でも発する言葉なので、最早これによって伝えられる独自の内容はないと心得なければならない。

「仮払いをしたい思いだ」「何とか収束していきたいという思いでいっぱいだ」「基本的な思いとして福島県に自身で伺いたいという気持ち」

「思い」「気持ち」は決断、決定できていないということだ。社長の仕事は決断であるはずなのだが、これでは責任ある行動は期待できないとしか受け取られない。

「ベストを尽くしてきた」「現在もベスト尽くしつつあると考えている」

 記者は「爆発が起きてベストなのか」と尋ねている。国民の大半は、東京電力という企業なり清水社長なりがベストを尽くしたとは考えていない。そこへ「ベストを尽くしてきた」と身勝手な判断による言葉を繰り返し発することは賢明な広報活動とは言えないだろう。

「これから国との協議にもとづき対応」「これからしっかり決めたい」「これからしっかりと対応の検証をし」「これから早く示したい」「中身についてはこれからお示し申し上げたい」「具体的日程はこれからだが」「今後考える」

「これから」という表現が多すぎ、対応が進んでいないことを印象付けてしまっている。スピード感が全く感じられない。

「私の経営責任は、現時点でコメントする状況にない」「国の評価なので、コメントは差し控えるべき」「言及できる段階ではない」「そういう段階でなければ申し上げる段階でない」「今の段階ではそれは言及できない」「現時点では言及する段階でない」

 状況、立場によって、言えないことは現実にあるだろう。しかし、これだけ言えないことが多いと、全体が把握できているのか、あるいは何か隠しているのではという疑念を惹起するばかりだ。到底、経営者としての責任感、会社としての誠意が伝わるものではない。

「そういう面もあろうかと思います」「正直言って混乱しているのも否めない」

 自社の状況について断定できないことがあるというのは、他人事(ひとごと)のように感じさせ、当事者意識の欠如、責任の自覚の欠如を印象付ける。

 総じて言い逃れ中心で、“伝えない”“伝わらない”広報の典型というのが私の評価だ。

奥井俊史
About 奥井俊史 106 Articles
アンクル・アウル コンサルティング主宰 おくい・としふみ 1942年大阪府生まれ。65年大阪外国語大学中国語科卒業。同年トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)入社。中国、中近東、アフリカ諸国への輸出に携わる。80年初代北京事務所所長。90年ハーレーダビッドソンジャパン入社。91年~2008年同社社長。2009年アンクルアウルコンサルティングを立ち上げ、経営実績と経験を生かしたコンサルティング活動を展開中。著書に「アメリカ車はなぜ日本で売れないのか」(光文社)、「巨象に勝ったハーレーダビッドソンジャパンの信念」(丸善)、「ハーレーダビッドソン ジャパン実践営業革新」「日本発ハーレダビッドソンがめざした顧客との『絆』づくり」(ともにファーストプレス)などがある。 ●アンクル・アウル コンサルティング http://uncle-owl.jp/