「風立ちぬ」を彩る食べ物たち

サバの骨
二郎は本庄にサバの骨の美しさについて語る

今回は現在公開中のアニメーション映画「風立ちぬ」でちょっと気になった食べ物をとりあげていく。

堀越二郎と堀辰夫

 すでにご存知の方が大半とは思うが簡単に作品の概要に触れておくと、「風立ちぬ」は「崖の上のポニョ」(2008)以来5年ぶりとなる宮崎駿監督作品。関東大震災から太平洋戦争に至る日本を舞台に、海軍の主力戦闘機になった零戦を設計した実在の人物・堀越二郎の生涯に焦点を当てる航空機の開発物語に、同世代の作家である堀辰夫の同名小説の要素も加えたフィクションである。

 主人公・二郎の声優に「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ(1995~)の監督で「風の谷のナウシカ」(1984)では巨神兵の作画を担当した庵野秀明を起用し、主題歌に荒井由美(現・松任谷由美)の初期のヒット曲「ひこうき雲」を「魔女の宅急便」(1989)の「やさしさに包まれたなら」に続いて使ったことでも話題となっている。

鯖の味噌煮と肉豆腐

サバの骨
二郎は本庄にサバの骨の美しさについて語る

 東大で航空工学を学ぶ二郎は、少年時代から空を飛ぶ夢に取り憑かれていて、イタリアでユニークな航空機を次々に設計したカプローニ伯爵と空想の世界で時空を越えた邂逅を果たしていた。

 寝ても覚めても飛行機のことしか頭にない彼は、食に対しては無頓着で、食堂ではいつも鯖の味噌煮定食しか頼まず、友人の本庄から「二郎、また鯖か。マンネリズムだ。大学の講義と同じだ。列強はジェラルミンの時代になってるんだ。たまには肉豆腐でも食え」と批判されるがどこ吹く風で、鯖の小骨の曲線の美しさに感動し、同じ曲線の翼断面がNACA(アメリカ航空諮問委員会)の規格にあることを発見して「アメリカ人も鯖を食べるのかな」と喜んでいる始末。

 そしてこの鯖の骨は後の二郎の飛行機の設計に多大な影響を与えることになるのである。

 このシーンに登場する本庄季郎も実在の人物がモデルで、後に二人は航空機メーカーの三菱内燃機製造(現・三菱重工業)に航空技師として共に入社し、同期のライバルとして切磋琢磨することになるのだが、本庄がドイツのユンカース社で学んだ技術を生かして九六式陸攻、一式陸攻といった重量級の陸上攻撃機の設計を得意としたのに対し、二郎はカプローニのような自由な発想で零戦に代表される軽量化と空気抵抗の軽減を追求した戦闘機の設計にその才能を発揮した。そのことが、何か鯖の味噌煮と肉豆腐という二人の食の嗜好と比例しているようで興味深かった。

謎の菓子「シベリア」

シベリア
シベリア。カステラの羊羹サンドである

 この映画で一番気になった食べ物は、二郎が仕事帰りの夜に下宿近くの駄菓子屋で買い求めた「シベリア」という菓子である。これを彼は夜道で親の帰りを待つ貧しい姉弟に与えようとする。子供ながらにプライドを傷つけられた姉の耐える表情と物欲しそうな弟の視線の動き、それを姉が制して逃げるように立ち去るシークエンスの見事さは宮崎演出の面目躍如である。

 この話を聞いた本庄は二郎が下宿に持ち帰ったシベリアを二人で食べながら彼の行為を偽善だと断じ、軍用機開発の予算で日本中の子供に毎日シベリアを食わせてもまだお釣りがくるという現実と、そうした矛盾を抱えながらも俺は与えられた飛行機作りのチャンスを無駄にはしないと話すのだった……。

 シベリアはカステラで羊羹をサンドイッチにした菓子で、1916年創業の横浜のコティベーカリー(※1)によると、明治後半から大正初期当時のパン屋でパン焼き窯の余熱を利用して焼いたカステラと、アンパンに使う餡を使って作られたのがはじまりとのことである。しかし、製造に手間と時間がかかることから次第に店頭から姿を消し、現在では一部の老舗のベーカリー等が取り扱っている程度という。名前の由来は羊羹部分が雪原を走るシベリア鉄道に見えるからとか、カステラと羊羹の断面がツンドラの地層に見えるからとか諸説あるが、実際のところは不明の謎の菓子である。

 映画を観てどうしても食べたくなってしまい取り寄せて試食してみたところ、カステラを使った菓子としてはどら焼きや人形焼よりも愛媛県松山の郷土菓子である一六タルトに近い食感であった。いずれにしろ、映画の時代背景である昭和初期の子供たちにとっては憧れの菓子であったことだろう。

ベジタリアンの“スパイ・ゾルゲ”

カストロプ
山盛りのクレソンサラダを食べるカストロプ

 二郎は初めて設計を任された七試艦上戦闘機のテスト飛行に失敗し、傷心を癒すため単身初夏の軽井沢へ避暑に訪れ、偶然にも関東大震災の時に出会った女性・里見菜穂子と再会を果たす。

 この辺りから映画は堀辰夫の小説の結核に冒された恋人との悲恋物語の色合いが強くなっていくのだが、そこに登場するのが、小説「風立ちぬ」とは“避暑地と結核”という共通項を持つトーマス・マンの小説「魔の山」の主人公と同じ名前(恐らく偽名)を持つ謎のドイツ人・カストロプである。彼が二郎と菜穂子の滞在する草軽ホテルのレストランで、二人が視線を交わす間のテーブルで山盛のクレソンのサラダを草食動物の如くむしゃむしゃ食べる姿はどこかユーモラスに映る。ステーキ等の付け合わせに使われることの多いクレソン(オランダガラシ)は、ヨーロッパ原産の外来種が野生化したもので、軽井沢の清流で採れるクレソンのサラダは多くの地元レストランの名物メニューになっている。

rightwide
About rightwide 155 Articles
映画ウォッチャー 埼玉県出身。子供のころからSF映画が好きで、高校時代にキューブリックの「2001年宇宙の旅」を観たところ、モノリスに遭遇したサルの如く芸術映画に目覚め、国・ジャンルを問わない“雑食系映画ファン”となる。20~30代の一般に“青春”と呼ばれる貴重な時をTV・映画撮影現場の小道具係として捧げるが、「映画は見ているうちが天国、作るのは地獄」という現実を嫌というほど思い知らされ、食関連分野の月刊誌の編集者に転向。現在は各種出版物やITメディアを制作する会社で働きながら年間鑑賞本数1,000本以上という“映画中毒生活”を続ける“ダメ中年”である。第5回・第7回・第8回の計3回、キネマ旬報社主催の映画検定1級試験に合格。第5回・第6回の田辺・弁慶映画祭の映画検定審査員も務めた。