チーズが原因のO157感染

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.08(2017.04.12)を発表した。

注目記事

【スコットランド食品基準庁】チーズによるO157感染に関する報告書

 スコットランド食品基準庁(FSS:Food Standards Scotland)は、「Dunsyre Blue」チーズによる大腸菌O157感染アウトブレイクに関するインシデント対応チームの報告書について声明を発表し、スコットランド健康保護庁(HPS)が2017年3月29日に発表した報告書の作成に携わったインシデント対応チームの一員として、報告書の内容を全面的に支持している。

 この報告書は、2016年夏に発生し、入院患者17人および死亡者1人の原因となった大腸菌O157アウトブレイクの感染源が「Dunsyre Blue」チーズであったと結論付けている。この結論は、疫学調査およびフードチェーンの調査から得られたエビデンスにもとづいており、微生物学的エビデンスおよびErrington Cheese社でのSTECモニタリングやその制御システムに関して判明した欠陥によって裏付けられている。

 このアウトブレイクをきっかけに、Errington Cheese社製のチーズおよび当時の同社の製造工程に関して詳細な調査が行われた。報告書は、病原性の可能性がある大腸菌が同社のチーズ製造工程に侵入し、生残できたと結論している。報告書は、製造されたチーズの検査結果陽性が4カ月間続いたことから、志賀毒素産生性大腸菌(STEC)が製造工程に侵入し最終製品を汚染する構造的な可能性が存在したとしている。

 調査の結果、同社製の別のチーズ製品「Corra Linn」にも病原性の可能性がある大腸菌による汚染が確認された。

 本報告書により、インシデント対応チームの決定を裏付ける十分な疫学的エビデンスが存在すること、同社製チーズの広範な検体が病原性大腸菌汚染を示したこと、および、同社がチーズ製造を再開するにはその食品安全管理システムを改善しなければならないことが確認された。Errington Cheese社はDunsyre Blueチーズが本アウトブレイクの原因であることに反論しているが、本報告書はこの結論を示唆するあらゆるエビデンスを公表している。

(注目記事のまとめ:Food Watch Japan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.08(2017.04.12)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2017/foodinfo201708m.pdf

今号の目次

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. 米国食品医薬品局(US FDA)が大豆バター製品に関連して複数州にわたり発生してい
る大腸菌O157:H7 感染アウトブレイクを調査中(2017年3月30日付更新情報)— 大
豆バター委託製造業者Dixie Dew Products 社の食品施設登録を一時停止

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. I.M. Healthy ブランドの大豆バター製品「SoyNut Butter」に関連して複数州にわたり
発生している志賀毒素産生性大腸菌O157:H7 感染アウトブレイク(2017年3月30日
付更新情報)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. 公衆衛生通知:「Robin Hood」ブランドの多目的小麦粉製品に関連して発生している大
腸菌感染アウトブレイク(2017年4月5日、3月28日付更新情報)
2. 公衆衛生通知:ブリティッシュ・コロンビア州産の生および加熱不十分のカキの喫食に
関連して発生しているノロウイルス感染と胃腸疾患のアウトブレイク(2017年3月28
日付更新情報)

【欧州疾病予防管理センター(ECDC)】
1. 合同迅速アウトブレイク調査:欧州の複数国にわたり発生しているサルモネラ
(Salmonella Enteritidis ファージタイプ8、MLVA プロファイル2-9-7-3-2 および
2-9-6-3-2)感染アウトブレイク(2017年3月7日付更新情報)

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and
Feed)

【イングランド公衆衛生局(UK PHE)】
1. リステリア(Listeria monocytogenes)症サーベイランス報告書

【スコットランド食品基準庁(FSS)】
1.「Dunsyre Blue」チーズによる大腸菌O157 感染アウトブレイクに関するインシデン
ト対応チームの報告書についてスコットランド食品基準庁(FSS)が声明を発表

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報

FWJ編集部
About FWJ編集部 1964 Articles
Food Watch Japan の運営および取材、執筆、編集を行っています。