トピックス

ハワイのA型肝炎70人超す

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.16(2016.08.03)を発表した。

注目記事

【ハワイ州保健局】ハワイのA型肝炎アウトブレイク

 ハワイ州保健局(HDOH: Hawaii State Department of Health)は、オアフ島のA型肝炎患者クラスターの調査を行っており、感染源を特定するために患者に対する聞き取り調査を実施中である。

 2016年7月12日付けの情報以降、HDOHは新たに22人のA型肝炎患者を特定した。2016年7月20日までのA型肝炎確定患者数は74人である。

 発症日は2016年6月12日~7月14日である。患者は全員が成人で、26人が入院を必要とした。患者は、2人を除き全員がオアフ島の住民である。この2人は、曝露期間にはオアフ島に在住していたが、現在はそれぞれハワイ島とマウイ島に居住している。

 また、7月15日の情報では、HDOHは、「Taco Bell」ワイピオ(Waipio)の店舗(94-790 Ukee Street)に勤務していた従業員1人のA型肝炎ウイルス感染を確認した。

 HDOHは、2016年6月16日~7月11日(具体的には、6月16、17、20、21、24、25、28、29、30日、および7月1、3、4、6、7、11日)に同店舗の食品・飲料を喫食・喫飲した人に対し、A型肝炎ウイルスに曝露した可能性があるとして注意を呼びかけている。

 A型肝炎ウイルス曝露後2週間以内にワクチンまたは免疫グロブリンを投与することで発症をある程度予防できるため、ワクチン接種をまだ受けていない人は投与について医療機関に相談すべきである。

【イングランド公衆衛生局/英国食品基準庁】葉物野菜ミックスサラダのO157

 イングランド公衆衛生局(UK PHE: Public Health England, UK)と英国食品基準庁(UK FSA)および各地の自治体当局は、葉物野菜ミックスサラダの喫食に関連している可能性がある大腸菌O157 アウトブレイクの調査を続けている。

 アウトブレイク株感染患者は7月13日までに計151人(イングランド144人、ウェールズ6人、スコットランド1人)が確認されている。イングランド南西部の患者がとくに多い。患者62人が入院し、このうち2人が死亡した。

 本アウトブレイクは、葉物野菜ミックスサラダ(ルッコラを含む)の喫食との関連が示唆されているが、現時点では具体的な原因食品は特定されていない。

 FSAは、予防策として、食品と手指の衛生管理を適切に行う重要性について消費者に注意を再喚起している。サラダなどの生で喫食する野菜はすべて、「そのまま喫食可能
」(ready to eat)という表示がない限り丁寧に洗浄すべきである。

(注目記事のまとめ:Food Watch Japan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.16(2016.08.03)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2016/foodinfo201616m.pdf

今号の目次

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. 小麦粉に関連して複数州にわたり発生している志賀毒素産生性大腸菌感染アウトブレ
イク(2016年7月25日付更新情報)
2. 小規模飼育(Backyard Flock)の生きた家禽類に関連して複数州にわたり発生している
8 件のサルモネラ感染アウトブレイク(2016年7月19日付更新情報)

【ハワイ州保健局(Hawaii State Department of Health)】
1. A型肝炎アウトブレイク(2016年)
2. Taco Bell の店舗(ハワイ州オアフ島Waipio)の従業員のA型肝炎ウイルス感染を確認

【欧州委員会健康・消費者保護総局(EC DG-SANCO)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and
Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 欧州統一の食品分類・記述システム(FoodEx2)の2015年次改訂

【イングランド公衆衛生局(UK PHE)】
1. 大腸菌 O157 アウトブレイクの調査(2016年7月14、21日付更新情報)

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. 大腸菌 O157 アウトブレイクの調査を継続中

【オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)】
1. 最後の手段として用いられる抗生物質への細菌の耐性率がわずかに上昇

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報

執筆者

FWJ編集部
FWJ編集部
Food Watch Japan の運営および取材、執筆、編集を行っています。