トピックス

米国レストランでO26感染

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.06(2016.03.16)を発表した。

注目記事

【米国疾病予防管理センター】メキシコ料理店でO26感染アウトブレイク

 米国疾病予防管理センター(US CDC: Centers for Disease Control and Prevention)、米国食品医薬品局(US FDA)、米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS)および複数州の公衆衛生当局は、2件の志賀毒素産生性大腸菌O26(STEC O26)感染アウトブレイクを調査した。

 先に発生し規模が大きい方のアウトブレイク(アウトブレイク1)は、ワシントン州およびオレゴン州の公衆衛生当局による地域の食品由来疾患サーベイランスを通じて最初に探知された。

 2015年10月下旬、両州の公衆衛生当局はSTEC O26感染患者数の増加を検知し、患者への聞き取り調査の結果、メキシコ料理レストランチェーンChipotle Mexican Grillの複数の店舗での食事が疾患と関連している可能性が高いことを特定した。

 後に発生した規模が小さい方のアウトブレイク(アウトブレイク 2)は、2015年12月にSTEC O26の別のまれな株によるアウトブレイクの発生が確認された。

アウトブレイク調査で得られた疫学的エビデンスにより、レストラン Chipotle で提供された料理または食材が両アウトブレイクの感染源である可能性が高いことが示唆された。どちらのアウトブレイクについても、疾患と関連した具体的な食品や食材は特定されなかった。

【米国疾病予防管理センター】ピスタチオに関連して発生しているサルモネラ感染

 米国疾病予防管理センター(US CDC)は、複数州の公衆衛生当局および米国食品医薬品局(US FDA)と協力し、複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Montevideo)感染アウトブレイクを調査している。

 2016年3月7日までに、サルモネラ(S. Montevideo)アウトブレイク株感染患者が9州から計11人報告されている。

(注目記事のまとめ:Food Watch Japan編集部)

食品安全情報へのリンク
食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.06(2016.03.16)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2016/foodinfo201606m.pdf

今号の目次

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. Wonderful Pistachios 社製のピスタチオに関連して複数州にわたり発生しているサル モネラ(Salmonella Montevideo)感染アウトブレイク(初発情報)
2. Jack & The Green Sprouts 社が生産したアルファルファスプラウトに関連して複数州 にわたり発生している志賀毒素産生性大腸菌 O157 感染アウトブレイク(3 月 2 日付更 新情報)
3. メキシコ料理レストラン Chipotle の複数の店舗に関連して複数州にわたり発生した 2 件の志賀毒素産生性大腸菌 O26 感染アウトブレイク(最終更新)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. 公衆衛生通知:サルモネラ(SalmonellaInfantis)感染アウトブレイクを調査中(最終
更新)

【欧州委員会健康・消費者保護総局(EC DG-SANCO)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:RapidAlertSystemforFoodand Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 人獣共通感染症とその病原体およびその他の病原微生物に関する2015年の情報の報告 方法マニュアル
2. 食品由来疾患アウトブレイクに関する2015年の情報の報告方法マニュアル
3. 抗菌剤耐性に関する2015年の情報の報告方法マニュアル

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. 専門家が食品由来ウイルスについての研究集会に集結

【英国食品微生物学的安全性諮問委員会(ACMSF)】
1. 卵の安全性に関する報告書について英国食品基準庁(UKFSA)が意見募集を開始

【アイルランド食品安全局(FSAI)】
1. 2015 年にアイルランド食品安全局(FSAI)の相談窓口が受けた食品関連の苦情は計 2,739 件

【ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)】
1. 食品の国際的な取引が消費者の健康保護に新たな課題を提示している

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報

執筆者

FWJ編集部
FWJ編集部
Food Watch Japan の運営および取材、執筆、編集を行っています。