トピックス

ローフードのサルモネラ汚染

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.04(2016.02.17)を発表した。

注目記事

【米国疾病予防管理センター】Garden of Life社製ローフードサプリのサルモネラ

 米国疾病予防管理センター(US CDC: Centers for Disease Control and Prevention)は、複数州の公衆衛生当局および米国食品医薬品局(US FDA)と協力し、複数州で発生しているサルモネラ(Salmonella Virchow)感染アウトブレイクを調査している。

 S. Virchowアウトブレイク株感染患者は2016年2月1日までに9州から計11人が報告されている。患者の発症日は2015年12月5日~2016年1月21日である。患者の年齢範囲は8~76歳、年齢中央値は35歳で、55%が男性である。情報が得られた患者10人のうち1人が入院した。死亡者は報告されていない。

 現時点までの疫学調査および検査機関での検査の結果から、可能性の高い感染源としてGarden of Life社製のサプリメント製品「RAW Meal Organic Shake & Meal」が示唆されている。本アウトブレイクの調査はまだ続いている。

【米国食品医薬品局】Garden of Life社が当該製品の回収対象ロットを拡大

 米国食品医薬品局(US FDA: US Food and Drug Administration)によると、Garden of Life社は、当該製品の特定ロットに使用された原材料にサルモネラ(Salmonella Virchow)汚染の可能性があるとして、1月29日から自主回収を行っている「Raw Meal Organic Shake & Meal」のチョコレート、オリジナル、バニラおよびバニラチャイの各風味に関して回収対象のロットを拡大した。

 米国食品医薬品局、製造業者、供給業者、外部の専門家による合同調査の結果、同社は、1業者から供給され「Raw Meal」製品にのみ使用されている有機栽培のモリンガの葉の粉末(Organic Moringa Leaf Powder)がサルモネラ汚染源である可能性が高いことを確認した。

【オーストラリア・ニュージーランド食品基準局】オーストラリア・ニュージーランドでも回収

 オーストラリア・ニュージーランド食品基準局(FSANZ : Food Standards Australia New Zealand)によると、Flush Fitness社は、サプリメント製品「Raw Meal Organic Shake and Meal Replacement(プレーン)」および「Raw Meal Chocolate Organic Shake and Meal Replacement(チョコレート風味)」にサルモネラ(Salmonella Virchow)汚染の可能性があるとして、ニュー・サウス・ウェールズ、クイーンズランド、ビクトリア、南オーストラリア、西オーストラリアの各州および北部準州の様々な栄養食品専門店からこれらを回収している。

 回収対象の2製品はグルテンおよび乳フリーの植物性パウダーで、プレーンは908g大型プラスチック容器入り、チョコレート風味は986 g大型プラスチック容器入りである。これらの製品の賞味期限は2017年9月1日で、原産国はアメリカ合衆国である。

【米国疾病予防管理センター】JEM Raw発芽ナッツバタースプレッドのサルモネラ

 米国疾病予防管理センターは、米国食品医薬品局(US FDA)および複数州の公衆衛生当局と協力して、サルモネラ(Salmonella Paratyphi B variant L(+)tartrate(+): 旧称Salmonella Java)感染アウトブレイクを調査した。この菌に感染すると、一般的には曝露12~72時間後に下痢、発熱および腹痛を呈する。

 本アウトブレイクではアウトブレイク株の感染患者として計13人が10州から報告された。患者の発症日は2015年7月18日~11月22日であった。患者の年齢範囲は1歳未満~79歳、年齢中央値は41歳で、62%が男性であった。情報が得られた患者11人中に入院した者はいなかった。死亡者の報告はなかった。

 本アウトブレイクは終息したと考えられる。しかし、回収対象のナッツバター製品は保存可能期間が長いため、現在も消費者の家庭に保存されている可能性がある。今後も、今回の回収を知らない消費者が回収対象製品を喫食して発症する可能性がある。

 調査で得られた疫学的エビデンスにより、JEM Rawブランドの発芽ナッツバタースプレッドが感染源である可能性が高いことが示唆された。患者に対し、発症前1週間の食品喫食歴およびその他の曝露歴に関する聞き取り調査が行われた。調査が行われた10人全員(100%)が発症前1週間にナッツバターもしくはナッツバタースプレッドを喫食しており、そのうち8人(80%)がJEM Rawブランドの発芽ナッツスプレッドの喫食を報告した。

 2015年12月2日、JEM Raw Chocolate社(オレゴン州Bend)は、サルモネラ汚染の可能性があるとして同社のすべての発芽ナッツバタースプレッド製品の自主回収を開始した。回収対象は、JEM Raw社が販売した、賞味期限(best by date)が2016年10月30日以前のすべてのフレーバーの発芽ナッツバタースプレッドである。当該製品は1.25~16オンス(約35~450g)入りのガラス瓶詰で、小売店および通信販売により全米で販売された。

※編集部註 ローフード(raw food):ローフーディズム(raw foodism)のための食品。ローフーディズムは、非加熱の食品を摂ることが健康維持増進に重要であると信じるフードファディズムの一種。米国の民間療法であるナチュラルハイジーンの一系統と見られ、酵素(エンザイム)崇拝と密接な関係がある。

(注目記事のまとめ:Food Watch Japan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.04(2016.02.17)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2016/foodinfo201604m.pdf

今号の目次

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. Garden of Life社がサルモネラ汚染の可能性がある「Raw Meal Organic Shake & Meal」製品の回収対象ロットを拡大(2月13日付)
2. Garden of Life社がサルモネラ汚染の可能性がある「Raw Meal Organic Shake & Meal」製品を回収(1月29日付)

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. Garden of Life社製のサプリメント製品「RAW Meal Organic Shake & Meal」に関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Virchow)感染アウトブレイク(2月2日付初発情報、2月16日付更新情報)
2. JEM Rawブランドの発芽ナッツバタースプレッドに関連して複数州にわたり発生したサルモネラ(Salmonella Paratyphi B variant L(+)tartrate(+))感染アウトブレイク(最終更新)

【欧州委員会健康・消費者保護総局(EC DG-SANCO)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州疾病予防管理センター(ECDC)】
1. 検査機関によるサルモネラ(Salmonella enterica Enteritidis)のMLVA解析のための標準作業手順

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 欧州連合(EU)域内の人獣共通感染症、その病原体および食品由来疾患アウトブレイクの傾向と感染源に関する年次要約報告書(2014年)

【オーストラリア ビクトリア州保健福祉局(DHHS, Victoria, Australia)】
1. 包装済みサラダ製品がサルモネラ症アウトブレイクに関連

【オーストラリア・ニュージーランド食品基準局(FSANZ)】
1. 包装済みサラダの回収
2. Garden of Life社製の各種RAW Meal Organic Shake(サプリメント製品)を回収

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報

執筆者

FWJ編集部
FWJ編集部
Food Watch Japan の運営および取材、執筆、編集を行っています。